スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

量より質の時代

 先月の話ですが、我が家のフィトがリコールになりまして、修理してきました。もちろん無料ですが。フィットは、販売台数が多いこともあり、リコール対象車が多いので「混雑する前に…」と思い、通知が来る前に近くのディーラーに連絡したところ、すぐに対応してくださいました。

 作業は30分ほどで終わる簡単な作業だったので、お店の中で待っていました。しかし、一昔前と明らかに違うなぁと思ったのは平日の昼間とはいえ、お客さんが全然来なかったということです。この現象は、たまたまこのお店だけ人気がないのではなく、自動車業界全体に言えることだと思います。現在、自動車ディーラーはあの手この手で必死です。昔はせいぜいお茶かコーヒーぐらいであったサービスも、飲み物がメニュー表に5、6種類ぐらい書いてあって、好きなものを出してくれたりします。

 もっと外に出ていってセールスすればいいと思う事でしょうが、現在は一部のメーカーのディーラーを除いては「待ち」が基本です。もちろん、広告やインターネット等の宣伝をしたり、そしてすでに利用している顧客に関してはその限りではありませんが、新規はほとんど「待ち」です。私は10数年前に少しだけ自動車ディーラーで働いたことがありますが、その時からすでに、そのような傾向でした。

 昔は、特別高収入でなくとも押せば買ってくれる人が結構いたのです。しかし、現在は欲しい車種をある程度調べてから購入意思をある程度もってお店を訪れる人が多いのです。その為、購入意思がない人に向かって外にセールスをしても、殆ど買ってくれる人がいません。だから、切り替えたわけです。外に出ていって「数打てば当たる作戦」ではなく「来て下さったお客様を大切にしよう作戦」が主流となっています。これも時代の流れというものです。

 この自動車業界の切り替え方は教会の伝道にも通じることがあります。昔は訪問やトラクト配布でも、結構、教会に足を運んで下さった方がいましたが、現在は非常に難しい状況です(これはこれで無駄とは思っていません)。地域によってはポスティングそのものができない所も増えています。事実、私の前の赴任地の周辺はNGでしたからね。これは一番は、戦後のキリスト教ブームが去って、人々のニーズが変わったことが原因ですが、もう一つは情報社会になり、車と一緒で、ある程度調べてから、教会に自らの意思で足を運ぶ人が増えているからです。

 その時代の流れを見誤ると伝道も立ち行かなくなります。続けるべきところは続けていきつつ(当教会もチラシ配布等はさせていただいております)、時代の流れを読みホームページ等の導入・充実に力を入れることも非常に大切です。そして、そのような中で、自らで調べて来て下さった方は、求めのある方ですから、教会が最善をもって迎え入れることが必要です。教会は販売店ではありませんから「数打てば当たる作戦」は行いつつ「来て下さった方を大切にしよう作戦」が主流となってくべきであると考えます。現に、新来会者の多くはホームページ等を一度は見て下さった方です。

 ただし、最終的には人と人とのつながりです。誰かが誰かを誘ってくるのが一番の宣教の方策であり、統計的にも個人的に誘ってきて信仰を持たれた方が圧倒的多数です。やはり、教会の証しとともに日々の私たちの信仰生活が主の栄光をあらわしていくように励んでいきたいと思わされます。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。