スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今どこに?

 今週は非常に天気が良く、暖かい日があったので、久しぶりにバイクに乗りました。バッテリー上がりを防ぐためにエンジンはたまにかけていたのですが、まともに乗ったのは久しぶりです。みんな考えることは一緒のようで結構、バイクに乗っている人を見かけました。

 さて、私のバイクは「スーパー・スポーツ」と言われる、スポーツタイプのものです。これらのバイクは、だいたい2速~5速までがクロスミッションになっています(バイクの多くは全部で6速です)。クロスミッションとは、シフトアップしても、回転数が落ち過ぎてパワーダウンしないようにギア比を近づけた構造のミッションのことです。つまり、シフトアップしてもあまり回転数が落ちないので、パワーバンドをキープしたまま走ることができます。逆にシフトダウンするときは、エンジンブレーキが急激にかかりすぎないというメリットがあります。そうですねぇ…ビルの各階の天井を低くして各階同士を近づけたら、階段での各階の上り下りに負担があまりかからないと想像していただければいいと思います。

 しかし、クロスミッションにもデメリットはありまして、まず変速が忙しくなります。まぁ、これはバイクは操る楽しみ故に乗る人が多いのでそんなに問題ないと思います。次にギア比を近づけるので、結果的に最高速が落ちます。ビルも各階が近づいていれば、高さが低くなるのと同様です。でもどうせ日本の公道は100キロ制限なので、たいした問題ではありません。

 そして、次のことが問題なのですが、ギア同士が近い為に、エンジン回転数にあまり差が無く、何速に入っているか分からなくなる時がたまにあります。バイクは車のMT車のシフトレバーとは違って、左足のシフトペダルを上げたり下げたりして変速しますので、見た目では何速に入っているかは分からないのです。その為、交差点で2速ぐらいまで落とすのに「あと何回下げればいいんだっけ?」と躊躇してしまったり、幹線道路などで、すでにトップギアの6速に入っているにも関わらず、もう一段上げようとして「幻の7速」を入れようとしてしまうことがあるのです(もちろん実際に7速になんて入りませんが)。ギア同士が近いことのメリットもあれば、近いがために周りが見えなくなってしまうこともあるということです。何速に入っているか見た目でわかる「シフトインジゲーター」が付いているバイクもたまにありますが、私は、非常に便利な装備ですべてのバイクに付ければいいのにと思っています。

 さて、無理やりな話題振りをしましょう。教会でお互いの信頼関係ゆえに、距離が近づき、親密な関係になることは麗しいことなのですが、近すぎるが故に、それ以外が見えなくなってしまわないように注意が必要です。それが限度が過ぎると「自分たちの今のメンバーの教会が最高だ!」となってしまい、宣教の情熱が失われたり、他教会との宣教協力がなかなかできなくなってしまったりします。たとえどんなに親しくとも、みんなで道を誤ってしまえば、その過ちに気付かないまま、主のみこころから逸れる教会となってしまうのです。

 教会の交わりとは、一般的な交わりとは違います。先ほどのシフトインジゲーターではないですが、親しき交わりの中でも、現在の自分たちが置かれている状況をいつも把握していく「客観的目線」も大切となっていきます。その客観的目線とはやはり「みことば」です。みことばにあって兄弟姉妹との親しき交わりが築かれるならば、たとえ方向性を誤りそうになっても気付くことができるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。