スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなで車を動かしましょう!

マニアックな話題で申し訳ありませんが、日産のGT-Rがマイナーチェンジして、パワーアップしました。最高出力530馬力、最大トルクが62.5kgmだそうです。凄いですね…我が家のフィットは最高出力が86馬力、最大トルクが12.1kgmですから、馬力にして6倍以上、トルクにして5倍以上です!しかし車重は2倍もありませんから、その加速は凄まじいことでしょう。しかも、最大トルク発生回転数が3500rpm~6000rpmと幅があるので、Gのかかった凄まじい加速が長く続くということです。0-100km加速が3秒フラットだそうです。このスペックだとたぶん10秒もかからないで180kmのリミッターが作動すると思います。日本の公道では時速100kmまでしか体験できないですけどね(笑)。しかし、お値段が一番安いグレードで何と869万円!いや~、無理ですわ…

 このGT-Rですが、0-100km加速が3秒という速さの秘密はエンジンはもちろんなのですが、4WDであるということです(雪国のカーマニアには結構ポイント高い部分です)。車というのは、どんなに凄まじいトラクションがタイヤにかかろうとも地面との摩擦係数の限界を超えたら即ホイールスピンして前に進んでいかなくなります。それでは、せっかくエンジンが潜在能力を持っていても宝の持ち腐れです。しかし、4輪すべてのタイヤで強大な力を伝えることによって、ホイールスピンを抑え、かつ地面に効率的に力を伝えることができます。しかも、後輪は285というふざけたサイズのタイヤであるので(大雑把にいうと軽自動車の倍ぐらいの太さです)、より高い摩擦係数を得ることができます。高性能のエンジンには、高性能の動力伝達装置があってこそ、本領が発揮されるのです。

 さて、また強引に教会の話に持っていきますが、一つの教会が持っている賜物というものは、たとえ小さな教会であっても、相当なものなのではないかと私は思っています。しかし、潜在能力はあれど、それを用いる人々がいないために、教会の賜物が発揮されないということがあるのではないでしょうか。

 よく有能な牧師が赴任して、教会が急成長したという話を聞きます。もちろん、その牧師の教育する賜物や伝道する賜物によって成長を遂げるということもあると思いますが、もう一つの見方として、もともと教会に潜在的に潜んでいた賜物を、牧師がうまく用いたととることもできるのではないでしょうか。つまり、もともと高性能のエンジンであったのに、それを地面に伝える人が少なかったために、うまく能力が発揮されなかったが、伝達する人が増えたことによって凄まじい能力が発揮されることもあるということです。

 信徒数20数名の頃から伝道所開拓を考え、自らの教会もしっかりと成長させつつ、伝道所開拓も行っていったという教会を私は知っていますが、これは、教会が持てる能力を皆が一つとなって用いていくならば、強大な力を発揮するという良い例なのではないかと思います。「人数が少ないからダメだ!」とか「人数が多いから大丈夫!」とかいう基準ではなく、神がその教会に与えられた賜物を、フルに用いることができるかどうかということが大切なのではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。