スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の燃費

 我が家のフィットの燃費ですが、街乗りだと、だいたい13~14km/ℓぐらいです(ウチのは4WDだから、FFだともっと伸びると思います)。そして高速道路の最高記録が17km/ℓぐらいで、幹線道路の長距離だと最高が21km/ℓです。これは4WDであることを考えると、優秀な燃費です。

 何故、高速道路での燃費が最高記録にならないかというと、コンパクトカーの多くは、街乗りをメインに考えて設計されているので、高速道路では、少しエンジン回転数を上げる必要があるからです。その為、街乗り程ではないにしても燃費があまり伸びないのです。そして、そんなにエンジン回転数を上げる必要が無くかつ一定速度で走れる長距離の幹線道路で最高燃費をたたき出すというわけです。コンパクトカーで最高燃費が高速道路だという人は、80kmとかでゆっくり走っているか、あるいは長距離の幹線道路にも関わらず、ブレーキを踏む回数が多くなり、一定速度であまり走っていないかであると思われます。

 そして冬場はやはり燃費が低下します。フィットも冬場の街乗りは11~12km/ℓぐらいに落ち込みます。何故、そうなるかというと多くの人は「暖気運転」と言うと思いますが、それは原因のほんの一部で、燃費低下の主たる原因ではありません。確かに冬場の暖気運転は夏場以上にエンジン回転を上げて、さらに時間もかかり、余計にガソリンを消費します。しかし、そんなものは運転する時の最初の時間だけであり、全体の燃料消費からすればほんのわずかなものです。「5分暖気して5分しか運転しない」とかを繰り返すと、さすがに大幅な燃費低下を招きますが、基本的に常識の範囲内での暖気運転ぐらいでは、燃費にさほど影響しません。少なくとも1~2km/ℓも目に見えて低下するなんてことはありません。

 では冬場の燃費低下の主たる原因は何かというと、それは気温と酸素密度に関係します。皆さんもご存じのように気体は気温が低いほど密度が増します。理科の実験でビニール袋に気体を入れて熱を加えると膨らむというような実験をした覚えはないでしょうか。酸素も同じで、冬場は、たとえ夏と同じだけの体積を取りこんでも多くの酸素が取りこまれます。そしてエンジン内で一緒に燃やすガソリンを同じ量のままにすると、たとえガソリンが燃えきっても、酸素が余って燃えきらない計算になりますから、一酸化炭素等の有害物質が増えてしまうわけです。そこで酸素とガソリンの混合割合を一定に保ち完全燃焼させるために、冬場は夏場よりも多くガソリンを噴射するわけです。これが冬場の燃費低下の主たる原因です。この仕事をインジェクションというコンピュータ制御の部品で行っています。

 「えっ?それって、よけい酸素とガソリンを燃やしているんだから冬は車のパワーが上がるのでは?」と思うことでしょうが…その通りです。自然吸気エンジンでは、体感できるほどの違いはわからないと思いますが、強制的に酸素を多く取り込むターボ車は、はっきり言ってだいぶ違います。実際に冬の方が調子がいいですし、逆に夏場で走りこんで、エンジンの熱が上がってくると明らかにパワーが落ちます。そもそもターボ車は排気ガスのエネルギーを利用していますからね。それを防ぐためにターボ車はだいたいの車がインタークーラーといって、エンジンに取り込む空気を冷やして酸素密度を上げるための装置が付いています。

 昔の車はコンピュータではなくキャブレ-タという機械でガソリンを取りこんでいたので、さほど気温によってガソリンの消費量が変わらず、冬場でもさほど燃費は低下しません(その代わり、今の車と違って、冬場は暖気運転に時間をかけなければ調子悪かったりしました)。しかし、冬場にガソリン消費が増えないということは不完全燃焼する割合が多くなるということなので、キャブレータ式の方が有害ガスは多くなります。手動で調整可能ですが、バイクならともかく、車でそこまでやる人は殆どいないでしょう。また冬場だけではなくその日や時間帯、場所、天候による大気の変化にも対応させ、適切な燃焼を行うにはインジェクションにした方が総合的には燃費は良くなるし排気ガスもクリーンです。キャブレータだとザックリとしか調整出来ませんので…ちなみに酸素の吸入量を気温によって微調整することはエンジンの構造的に難しいです。…というわけで冬場の燃費低下は防げませんが、環境問題からすると仕方がありません。不完全燃焼はエンジンにもあまりよくありませんしね。

 教会は時代とともにニーズが変化します。ともするとこのニーズの変化を「悪しきもの」のようにして教会が変わらずして集う人々に変化を求めたりします。先ほどの話でたとえるならエンジンの混合気の割合を調整出来ない酸素側での変化を求めるようなものです。特に若い世代がそのあおりを受けたりします。そんなことはガソリンをほんのちょっと濃くしたり薄くしたりすれば済む問題であるのに、そのことができずに、いつまでたっても「酸素が薄い!」とか「酸素が濃い!」とか行ってたりします。無理な変化を求めても問題は解決しません。

 エンジンでいうならば、その環境によって入り込んでくる濃度の違う酸素が未信者で、酸素濃度に応じて調整可能なガソリンが我々クリスチャンといったところでしょうか。エンジンで「燃費が悪くなるから…」といっていつまでたっても一酸化炭素を多く出し続けることよりも「多少燃費が悪くなってもそれでクリーンになるならば…」と言って調整するように、教会も、ほんの少しの変化を恐れずにこの社会にあって地の塩世の光として神の栄光をあらわしていくのが教会の使命ではないでしょうか。

 もちろんこれは教会が教会として立っていかなければ意味がありません。ガソリンエンジンの燃料を軽油にしても車は走りませんし、エンジンが壊れます。教会の根本(つまり聖書の土台)まで変化をする必要はないのです。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。