スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に「全部」が無駄?

 政府の事業仕分けとして、今度は特別会計の事業仕分けがなされるようです。無駄があることは間違いないと思いますので、削減できるところは大いに削減していただきたいと思いますが、「無駄があるから、その特別会計は全面廃止!」というような短絡的な結論は出さないでいただきたいと思います。前回でも感じたことですが、経済や経営の専門家ばかりではなく、その事業の分野の専門家や現場の声というものをもっと取り入れて、改善ですむものは改善という形にしていただきたいと私は思っております。

 私が気になるのは自動車検査手数料の特別会計です。これはいわゆる車検の時に国土交通省管轄の陸運局内の検査業務を行っている独立行政法人に支払うお金です。ニュースでは仕分人の方々が「検査料は、ちゃんと適切に使われているのか?」「そもそも国が車検事業を行う必要があるのか?」など、つっこんでいましたが、自動車業界にいた私としては仕分け人の、その認識自体につっこみどころが満載でした。

 いくつかをつっこむと、まず検査手数料ですが、たったの1400円です!はっきり言って、民間では一台でその金額であると経営を維持することはまず不可能です。「だって、車検て何万もかかるじゃないか!」と思っている金額の大部分は税金と保険料です。それを「無駄!」と言ってなくしてしまったら大変なことになります。検査に必要な設備もどの事業所でも簡単に設置できるという金額のものではなく、現在は「指定工場」といって検査設備や敷地、有資格人員(自動車整備士の他に、自動車検査員という資格が必要です)、実績等をクリアして国から認められた工場だけが独自に検査をすることができます。それ以外の工場は、車検整備整備を行って、検査だけ国でやってもらうという形をとっています。なので行政が行う部分を無くすと、何の実績もなしにいきなり車検業務のすべてをまかせなければならないという非常に危険な事態になります。

 また、ある仕分人の方は、その行政が行っている検査業務を「軽自動車みたいに民営化すればいいのでは?」とつっこんでいましたが、軽自動車の検査は確かに民営化されていますが、「軽自動車検査協会」という民間法人が行っており、ついこないだ事業仕分けの対象になったばかりです。それを同じように民営化すればいいというのですから意味がわかりません(笑)。もちろん無駄なこともあると思いますが、無駄な部分だけを省けばいいのではないでしょうか。存在そのものが無駄というのなら仕方がないですが…だからこそ私は、ちゃんとその道の専門家や、実際に携わっている一般の人々の意見をよく聞いてほしいと思うのです。

 教会にはいろいろな人々が集います。また、教会にもいろいろな教会があります。ともすると私たちは一部の違いや誤りをもって、その人や、その教会を全否定しがちです。しかし、本当にそれでいいのでしょうか?違う部分をもって「一緒になんかできない!」と思うのではなく「この部分なら同じだから一緒にできる!」という歩み寄りが必要です。また「あの人の、こういう部分が間違っているから、あの人とは交われない!」と言って排除の方向にいくではなく、その誤りを正してあげることによって、さらに良い関係を築いていくことができるはずです。たった一本の虫歯で総入れ歯にする人なんていないわけですから…。

 しかし、その一部が破壊的批判や異端の教え、身の危険が及ぶ等、教会や信仰の根幹を揺るがす場合は別です。そういう場合は毅然とした態度で臨むべきです。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。