スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教会は大切

 この夏、バイブルキャンプのプログラムスタッフの奉仕をさせていただくことになりました。昨日、そのキャンプのミーティングがありました。私はキャンプのプロスタをやるのは神学生以来なので、期待と共に不安もあるのですが、最善を尽くせればと願っております。

 ミーティングの中で、とある話題から「教会や礼拝って大切だよね!」という話になりました。そこに集っているプロスタの3人はみんな牧師なので当たり前と言えば当たり前なのですが・・・でも大切なことですよね。

 子どもたちが小学生の頃は喜んで(あるいは親に連れられて)教会学校の礼拝に来ていても中高生になってくると部活や勉強、友だち等、さまざまな課題が生じてきます。何よりも中学生ぐらいになると自らの意思で判断するようになるでしょう。「神様は信じてはいるけど、別に教会にいかなくても・・・」というケースは以外に多いものです。

 しかし信仰と教会を切り離して考えることは可能でしょうか?新約聖書に使徒パウロが記した書簡がいくつかあります。いくつかというよりも非常に多くあります。そのほとんどは実際に存在する諸教会に向けて書かれた手紙です。パウロは教会の問題を大胆に指摘しつつも、同時に教会の大切さも語っています。聖書はそれだけ教会の存在が大切であるということを示しています。

 私たちは何をもってイエス・キリストを信じたでしょうか?人から聞いたからでしょうか?もちろんそれもあるでしょう。しかし、そのもとはすべて聖書からきています。私たちは聖書の示す福音を信じています。であるのに聖書の示す教会だけを信じないわけにはいきませんよね。

 そんなわけでキャンプに集った子どもたちが教会の礼拝につながってくれればと私は強く願っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。