スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確かなもの

 エコカー補助金が今月初旬に打ち切られました。期間限定ではなく、財源限定だったので、いきなりこのような日が来るのは分かっていたことではあるのですが、財源が尽きるのが販売店側やユーザー側の予想以上に早かったようです。まぁ、仕方ないですね。エコカー減税の場合は税金の収入が減るだけですが、補助金の場合は私たちがすでに納めた税金の中から支出されるわけですから、期間で区切って支出が予想できないというわけにはいかないのでしょう。私としては仕方がない結果だと思います。しかし、契約する前に打ち切りを知った人は問題ないのですが、すでに契約をして納車待ちという中で打ち切られたのはユーザーとしては納得がいかないでしょう。プリウスなどの人気車種は今でも納車数カ月待ちのバックオーダーをかかえていますから「あんなに早く注文したのに!」という声が出ても当然でしょう。

 この原因を「国がいきなり補助金を打ち切ったから」という人もいますが、私はそうは思いません。先に述べたように、税金の支出が伴うからには「期間内であればいくらでも出しますよ!」というわけにはいかないのです。何が原因かというと販売店側の対応ではないでしょうか。実際にテレビのインタビューに答えていた人の中に「2か月前に注文した時は『まだ間に合いますよ!』と言われたのに…」という声もありました。きっと「もしかしたら補助金が打ち切りになってしまうかもしれません」と事前に言ったのであれば納得したかもしれません。売る側としてはそんなことを言って購入を躊躇されたくなかったのでしょう。ある自動車販売会社社員は「安易に確約をしてしまった社員は自腹で補助金分を払わされるかもしれない」とも言っていました。期間限定ではなかったのですから、確約はするべきではなかったということです。

 教会はどうでしょうか?確約できることはあるでしょうか?それは「あります!」と私は答えます。何を確約できるのでしょうか?あたたかなもてなしでしょうか?きれいな賛美でしょうか?生活の助けでしょうか?これらは教会がなすべきことではありますが「確約」できるものではありません。何故なら人は皆、弱さをもっているからです。教会が確約できることはだだ一つ「聖書のみことば」です。「聖書のみことばは人によって信じる部分が違ってもいいのだ!」とする意見があります。しかし、それでは人によって聖書の価値基準がバラバラになってしまい、到底「間違いありません!」と確約できるものではなくなってしまいます。いつ、誰が読んでも変わらない約束であるからこそ聖書は確かなものであるのです。やはり教会の土台はみことばですね。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。