スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教会の将来

 夏になるとバイクをよく見かけるようになります。新潟のように雪国であるとバイクに乗れる期間は限られますので、なおさらでしょう…とはいっても昔に比べればだいぶ減っています。この不況の状況にあって、四輪車の販売台数が伸び悩んでいることは皆さんご存じの通りですが、二輪市場はもっと深刻な状況です。1980年代は二輪の出荷台数がピークを迎え、300万台以上であったのに対し、現在は30数万台とピークの十分の一程度まで落ち込んでいます。私が二輪の免許を取った1991年頃は二輪市場はまだまだ活気がありました。

 このような二輪市場の落ち込みは、125cc以下の原付1種、2種といわれれる、いわゆるミニバイクの販売台数の大幅な減少が大きな原因となっています。ミニバイクの販売台数が大幅な落ち込みを見せているということは、つまりどういうことかというと、その中心的ユーザーである若者のバイク離れが進んでいるということです。私が高校生の時、クラスの男子学生の原付免許保有率は、校則で免許所得が禁止であったにも関わらず、3人に一人は原付免許を保有していました。現在は、四輪の免許の時まで待って、わざわざ原付免許まで取らないという人が大半を占めています。私としては淋しいですが、無理やり乗るものでもないので、仕方がないでしょう。

 しかし、意外なことに126cc以上の軽二輪、そして251cc以上の小型二輪は減少はしているものの、全体から比較するとさほど大きな落ち込みではありません。大型バイクに関しては、免許改正の関係で逆に増えたぐらいです。以前は、401cc以上の運転免許は排気量の制限を解除する「限定解除」というものが必要で、しかもそれは自動車学校では取れず、直接試験場で合格するしかなかったのです。これは非常に難関で、一ケタの回数で合格すればまだマシな方だと言われていたぐらいです。しかし、1996年ぐらいでしょうか、免許が改正され、401cc以上は「大型二輪」と新たに設けられ、さらに自動車学校での教習が可能になりました。そして免許改正をきっかけに30代~50代の方々が、若いころに高嶺の花であった大型バイクを乗るようになったリターン組が増えています。その証拠に、大型バイクの代名詞ともいえる「ハーレー・ダビッドソン」はいまだに年々国内販売台数を伸ばしています。

 このことから何が言えるかというと、バイクそのものの人気は減少はしているものの30代以上の世代には、一定の支持を得ているということです。つまり、1980年代のバイクブームのピーク時にバイクに乗っていた方々が、そのまま30代~50代となって、現在の二輪市場を支えているわけです。とはいってもいずれ限界が来ます。70代、80代にまでなってバイクを乗り回すのは少々無理がありますからね(絶対ではないですが)。つまり、国内メーカーが真剣になって若者に興味を持ってもらうようにしないと、いずれは二輪市場は消滅してしまうかもしれません。

 日本の教会、いや世界中の教会の多くは群れの高齢化という深刻な問題を抱えています。たとえ全体の人数が増えていったとしても若い人々が教会に集い、将来の教会を支えていかなければ、教会にはいずれ誰もいなくなってしまいます。そのためにも、現在教会に集っているみんなが若者を支えていかなければなりません。そうなるとやはり中高年層への伝道も重要なことで、あらゆる世代への宣教が急務であるということです。

 とはいっても、同じ百人教会であったとしても、その中での若者の比率によって、20年後、30年後には大きな差が生じます。教会は人数がすべてではありません。しかし、同時に人数がいないと教会の働きを存続していくことは困難です。福音を宣べ伝えるという視点ではまさに全世代に向けての働きかけが必要です。しかし、教会を建て上げていくということを考える時、青年宣教は決しておろそかにするべきではないことであると私は思います。結局はバランスということでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。