スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バッシング」…その根拠は何?

 先日、米国の調査機関がトヨタの電子制御システムの欠陥問題の調査において「欠陥はない」とし「運転手の操作ミスなのでは?(つまりアクセルとブレーキを踏み間違える)」との結論を出しました。米国自動車産業関係者は「アクセルペダルがフロアマット等に引っかかり、戻らなくなった可能性はまだある」と述べていましたが、逆にその発言は、電子制御に欠陥はなかったことを認める発言でもあります。米国でのトヨタに対する風当たりはまだまだ強そうですが、信頼回復は時間の問題でしょう。

 トヨタの電子制御問題の一連の報道がアメリカでなされた時期、日本のマスコミも同じようにして、電子制御を疑う報道が相次ぎました。その影響からか、日本国内を走っている車でも電子制御を疑う声が出始め、いまだにトヨタ車のリコールが出るたびにニュースで取り上げられたりしています。リコールなんてどのメーカーも普通にあることなんですがね。

 日本国内ではトヨタ車は圧倒的なシェアです。それだけ人々に支持されているということなのだと思いますが、ひとたび何かあると根拠なしに自国のメーカーをいとも簡単にバッシングします。アメリカ側がバッシングするのは、いろいろな意味で理解できますが(決して良いことではないですけど)、明らかな欠陥があるわけでもないのに一緒になって自国のメーカーを批判するのはどうかと私は疑問に思います。冷静にそのメーカーを評価するならば、支持するべきか、しないべきかがおのずと見えてくるのではないでしょうか。故障だって、絶対しない車なんて存在しませんからね。故障率からするとトヨタはかなり低い方で、あえて名前は挙げませんが、トヨタより圧倒的に故障率が高いメーカーなんていくらでもあります。別に私はトヨタ党というわけではないですよ。あくまでも客観的な判断です。車もバイクもホンダ車に乗ってますし(笑)。

 イエス・キリストはエルサレム入場の際、大勢の人々の大歓声で迎えられました。まさに救世主のような待遇です(実際にそうなのですが)。しかし、その週末には人々の歓声は「十字架につけろ!」という罵声に変わります。あれだけ喜んで迎えたのに、こうも短期間で何故?…と疑問に思うような変貌ぶりです。これが人の弱さであると私は思います。民衆は本当の意味での救世主としてではなく、自分たちをローマ帝国の圧政から解放してくれるヒーローのように思っていたのでしょう。それが違うと分かると手のひらを返したように態度が変わります。また、冷静に主イエスの目的を理解しようとせず、ただ周りの状況で判断したために、ある声に流されるようにして「十字架につけろ!」となってしまったとも言えます。

 トヨタ車を支持するのに「みんな乗ってるから!」という理由ならば、乗る人が減ればその人はいとも簡単に別の車を乗ることでしょう。しかし「品質が信頼できるから」と理由であるならば、たとえ周りが違うメーカーの車に乗り換えても、変わらず乗り続けることでしょう。同様に私たちは周りの状況や自分の勝手な価値観でイエス・キリストを信じているわけではありません。もしそうであるならば、自分に都合の悪いことだけ切り離して信じたり、嫌なことがあるといとも簡単に信仰を捨て去ったりしてします。私たちは「聖書のみことば」という揺らぐことのない真実故に信じることができるのです。それは周りが変わろうとも、時代が変わろうとも、自分自身の感情が変わろうとも、決して変わらない真理です。この真理を土台とした信仰生活を送っていくものでありたいです。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。