スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちの罪の為に…

 先日、某自動車工場を車が暴走し、12人もの死傷者を出したという痛ましい事件が起きました。車好きの私としては、車をそのような道具に用いられることは非常に悲しい気持ちになります。まだ捜査段階で明確な動機は分かっていませんが、一つ言えることは、何らかの不満を持っていたとしても、容疑者が傷つけた人々は、その不満とは全く関係ない人々であったということです。工場の敷地内で無差別に人をはねていったわけですから、それは間違いのないことです。

 もちろん、不満の原因がその人にあれば傷つけていいなんてことは絶対にありません。ましてや関係ない人々を傷つけることは、いかなる原因があっても許されることではないのです。近年、そのような事件がよく起こります。秋葉原の事件もそうです。そのさらに前には小学校に乗りこみ、全く関係のない大勢の子どもたちが犠牲になった事件もありました。近年、問題とされている児童虐待も、その根は子どもに原因があるのではなく、自分が受けたストレスのはけ口を、関係のない我が子に持っていくという分析をする専門家も多いです。統計的に日本の殺人事件は減っているそうですが、昔よりもニュースでよく耳にするような印象を受けるのは、予想を超えたこのような事件が増えているからでしょうか。あくまでも私の推測ですが…

 イエス・キリストはおおよそ二千年前、十字架にかかられ死なれました。当時、十字架刑というものは、死刑の中でも一番残酷なものだと言われていました。現に、その後の時代にはあまりにも残酷すぎて十字架刑が廃止されたぐらいです。ではキリストは、何の罪の為に十字架刑になったのでしょうか。殺人でしょうか?強盗でしょうか?それとも人の悪口を言ったり、憎んだり…とささいなことでしょうか?

 答えは、そのすべての罪故に十字架にかかられました。しかしキリストがそれらの罪をすべて犯したわけではありません。それどころか、一つの罪も犯されなかった方であったのです。キリストは、私も含め、すべての人々のあらゆる罪をその身に負われ、十字架にかかられました。ご自身にとっては、何一つ身に覚えのない私たちの罪の罰を身代わりに受けられたのです。世の中では、自分の不満を関係のない人々にぶつけるような事件が後を絶ちませんが、キリストは全人類のそのような悪い思いを自ら背負われたのです。ここに神の大きな愛が示されているのです。その愛に応えるべく感謝と喜びをもって神に仕えるものでありたいです。

「キリストは罪を犯したことがなく、その口に何の偽りも見いだされませんでした。ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、正しくさばかれる方にお任せになりました。そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。」(ペテロの手紙第一2章22~24節)
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。