スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その規制は本当に正しい?

 今から5,6年前までになるでしょうか…当時、自動車には馬力の自主規制というものが存在していました。自主規制とは「あんなにパワーのある車が野放しでいいの?」という声が高まり、法律で規制される前に国内メーカー側で自主的に規制を設けようという措置です。軽自動車は64馬力、普通自動車は280馬力で、二輪は排気量ごとに設定されていて、~50ccが7.2馬力、~125ccが22馬力、~250ccが40馬力、~400ccが53馬力、~750ccが77馬力、それ以上が100馬力だったと思います。しかし、現在は軽自動車の64馬力を除いては、撤廃されています(日産GT-Rは480馬力!)。ちなみに輸入車や逆輸入車(一旦輸出して、もう一度輸入した車)は適用外なので以前から280馬力以上の自動車や100馬力以上の二輪車があります。

 この馬力の自主規制、今となっては撤廃されているのでいいのですが、法律で規制されることを回避した為とはいえ、前々から疑問に思ってました。規制の理由としては「事故防止」という名目があると思いますが、私ははっきりと言わせていただきます!事故に馬力は関係ありません!

 二つ理由を挙げたいと思うのですが、一つは自動車事故の統計によるところからです。ある保険会社の統計によると、一番多い自動車事故が追突になってました。あとは追突も交差点内のことが多いですが、基本的に交差点での事故が多いです。言うまでもないですが、追突や出会いがしらの事故は馬力なんて関係ありません!統計的に馬力のあるスポ-ツカーの事故率が高いのは確かですが、私は言いきってもいいです!それはスポーツカーに乗るドライバーのなかに自制心が足りない人がたまたま多いからです! (みんなではないですよ)昔の私もその一人だったと反省してます…

 「スピードの出し過ぎによる事故は少なくても、重大事故につながるじゃないか!」と思うことでしょう。しかし、基本的に馬力とは無関係です。だって、スピードなんて、ドライバー次第ですから!一般道を軽自動車で100キロで走行することも、500馬力のフェラーリで50キロで走行することも簡単ですからね。昔、当時の自主規制いっぱいの280馬力のスープラに乗っていた私の横を猛スピードで軽自動車が追い越していくなんてことはよくありましたよ(笑)。ようは車に規制をかけても、ドライバーが自制しなければ意味がないということです。

 もう一つの理由は、馬力が高いと加速力があって、あっという間にスピードが出てしまうんで、危ないのではないかと思われやすいですが、無関係ではないですが、それは勘違いです。馬力とは、いわゆる「仕事量」なので加速とはあまり関係がないのです。例えば、Aの人が10キロの荷物を50メートル往復させるのに1分かかるとして「1馬力」だとします(便宜上です)。Bの人は、力がなくて荷物は五キロしかもてないけど、足が速くて1分で2往復することができて、結果的に同じ重さの荷物を移動させたとします。するとBの人も「1馬力」となるのです。つまり、自動車に置き換えると、どんなに加速力がなくてスピードが出るのに時間がかかっても、エンジンの回転数を高くして足を速くすれば、いくらでも馬力がでるというわけです(エンジンの限界はありますが)。つまり馬力は最終的にどれだけ仕事をしたかなので最高速に関係してきます。たぶん自動車なら180馬力ぐらい、二輪車なら50馬力もあれば200キロぐらい出ますから(国産車は180キロでリミッターが作動しますが…)、日本の道路事情下では馬力規制など意味がありません。

 では、何が加速力を生み出すかというと、それはトルクです!トルクとは、回転軸にかかる力がどれぐらいかという数値なので、トルクの大きさは加速力に直結します。また、トルクはエンジン特性によっては、低中回転域から大きなトルクを発生させることができるので、馬力が低くても大きな加速力を得ることが可能です(ターボやスーパーチャージャーなんかその典型的な例です)。なので加速力のある車に乗りたい方は車のカタログは、馬力を示す最大出力よりも最大トルクの数値を重視した方がいいです。たとえ馬力に少ししか差がなくても、トルクに大きな差があれば、加速すると全く別物であることがわかります。つまり、「あっというまにスピードが出て危ない!」というならば、馬力ではなく、トルクを規制しないと意味がないわけです。まぁ、私としては規制されては困りますし、トルクを抑えるにはエンジンの排気量を小さくするしかないですから、現実的ではないでしょう。

 今日の結論としては、5馬力の原チャリに乗ってても、飲酒運転すれば走る凶器と化しますし、480馬力のGT-Rに乗ってても安全運転なんていくらでもできる ということです。規制するべきものがなんであるかを見誤らないでいただきたいものです。そんなわけで、自主規制が撤廃されたのは喜ばしいことなのですが、日本の排ガス規制や騒音規制は世界一厳しいとも言われています。特に二輪車なんてエンジン小さくてエコなんだからもう少し緩和してもいいような気がします。

 今回はここで終えますが、教会も、正すべきところ、許容すべきところが適切であるように心がけたいものです。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。