スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人として、群れとして

 近年はインターネットが発達して、キリスト教界においても、多くの分野で用いられています。私共の教会もHPを持っていますし、私自身も、こうしてブログを利用させていただいています。そのような中で「いきなり教会に足を運ぶのは難しいけど、ネットなら…」という方々もいることを思うと、福音宣教の働きのためにネットの分野が利用されていくことはとても良いことであると思います。

 一方で、マイナス要素もあります。そもそも、ネットは個人的傾向が強いので(普通は一人で閲覧、またHPやブログのアップをしますからね)、キリストのからだである教会としてではなく、個人の偏った考えが入り込みやすいのです。信仰や教理といった面以外でなら、まったく問題ないと思いますが(私もだいぶ趣味に偏っていますからね)、そうでないと個人の考えが、あたかも、その団体の総意のようにして発信され、お互いに誤解を生んでしまいます。現に多くの掲示板で「福音派vsリベラル派」であるとか「カトリックvsプロテスタント」であるとかの論争が展開され、目を覆いたくなるような酷い論争が繰り広げられています。

 私は「プロテスタントの福音派」の立場ですが「上記のような論争を避け、みんな互いの主張を認めあっていきましょう」という気はありません。私の論点は、そのようなことではなく、自分の立場や教会を明らかにしているにも関わらず「一個人」として不特定多数の人々に閲覧される掲示板やHPなどで不用意に信仰的・教理的主張をするべきではないということです。皆さんに知っていただきたいことは特定の立場を主張したり批判する方々の多くは「一個人」であって必ずしも「群れの総意」であるとは限らないのです。例えばですが、教団で「聖書十全霊感説」を信じ、聖書は誤りなき神の言葉であると主張しているのに、その教団に所属している人がブログなどで「聖書は信じた時に神の言葉となる」と主張したら、ネットしか見ない人は、それが教団全体の立場であると勘違いしてしまいます。

(※聖書十全霊感説は「聖書の言葉は、すべて聖霊の導きによって聖書著者が記した神の言葉である」と信じる立場です。私も、私の所属教団もその立場です。よく十全霊感説を「神がタイプライターのようにして著者を用いて記した」とする「機械霊感説」と勘違いされ、ご批判を受けますが、十全霊感説は、そうではなく、あくまでも著者の個性が用いられ、著者の意思のもと記され、そこにすべて聖霊の導きがあると考えます。そして、その神の言葉は、信じていても、信じていなくとも、いつでも神の言葉であると考えます。信じていなければ神の言葉とならないのであれば、信じなければ「真理」とならないわけですから、罪の基準や神のさばきは、信じていない人には関係のない話になってしまいます。)

「それでは、個人の主義主張が許されないのか!」と思うところでしょうが、このようなことは、不特定多数の人々が閲覧できるネットであるから注意が必要なわけです。その人が個人の意見として主張していることが、見る人によっては「群れ全体の総意」と取られてしまい、つまづきを与えてしまう恐れがあるのです。私も自らのブログで意見を述べることは多々ありますし、上記でも意見を述べていますが、あくまでも「教会」として「教団」としての信仰的・教理的立場の原則を超えないようにしています。もし、どうしてもその範疇を超えたいのであれば「私個人の意見」と明記したり、所属している教会や教派が特定されないようにするべきです。

 もし、ネットでいろいろな情報を得て、キリスト教不審に陥っている方々がいらっしゃいましたら、その意見が本当に、その教会や教団の総意なのかを、他のHPを見たり、実際に教会に行ってみたりして確かめてみていただきたいのです。また同時に、一人の意見によって、群れ全体の総意として受け止められ、つまづきを与えないように、情報を提供する私たちの側も気をつけなければと思わされます。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。