スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

適切ってどのぐらい?

 新潟市には「新潟西バイパス」「新潟バイパス」「新新バイパス」という県下有数のバイパスがあります。この3つのバイパスは実質的には1つの路線としてつながっていて、中央分離帯があり、片側2~3車線の新潟市の西側から新発田市までを結んでいます。信号も交差点もない無料の国道なので生活するうえでは非常に重要なバイパスです。

 このバイパスは数キロ毎にICが設けられているのですが、新潟西バイパスは自動車専用道になっていることもあり、最初の数区間は最高速度が80キロに設定されています。自動車専用道なので、当然、歩行者や自転車は通行できませんし、二輪車も125cc以下は通行できません。以前、私がバイクを購入する際、250ccにしたのは、その為です。この区間は私が住んでいるところから一番近いICの場所でもあるので…しかし、全長37キロにも及ぶバイパスですが、最初の数区間を除き、最高速度は60キロとなっています。特別急カーブが多いわけでもなく、対面通行の区間があるわけでもないのに何故最高速度が80キロではないかというと、新潟バイパスと新新バイパスは自動車専用道ではないからです。そんな中、狙ったようにした覆面パトカーの取り締まりもたまに見かけます。実は、知らない人も中にはいるかもしれませんが、一定の区間を除いては原チャリや自転車、歩行者の走行が可能ということなんですね。

 私は以前から思っている事があるわけですよ。「一般道とはいっても、歩道があるのは橋の部分だけで、実質自転車や歩行者が侵入するには無理があるし、実際に、そんな人は殆ど見かけたことないし…だったら新潟西バイパスと同じように自動車専用道にして制限速度を80キロにすればいいじゃないか!」…ということです。橋の部分は歩道の部分にちょっと高めのフェンスとかつければ解決すると思うんですよね。

 そう思っていたら、最近の計画で、このバイパスの制限速度を見直すかもしれないという計画があることを知り、ちょっと期待しています。現状の60キロ制限から、70~80キロ制限にしようというわけです。道路の設計上は問題ないそうです。その代わり、住宅地や市街地などの制限速度も見直し、場所によっては少し制限速度を下げようというわけなんです。つまり、行政の計画は「適切な制限速度にしよう!」というわけなんですね。あの区間の制限速度が80キロになると、だいぶ便利になると思うので、期待しています。

 しかし、中には心配の声もありまして①「ただでさえ、速度オーバーの車が多いのに、もっとスピードがあがってしまうのではないか(100キロとか)」であるとか②「現状でもびゅんびゅん飛ばしていて怖いから、これ以上制限速度を上げないでほしい」といった声もあるようです。しかし、それは、あくまで私が思うにですが、一部の意見ではないかと思います。ちょっと突っ込みを入れさせていただくと…

 ①は、気持はわからなくもないですが、行政が最初から速度超過を見込んで制限速度を設定するのはおかしいです。80キロ制限なら80キロでちゃんと走ってほしいという前提で設定されているわけなんです。建前であっても…「80キロ制限にしたら100キロで走る車が続出する」なんて意見を行政が受け入れてしまったら、現在の60キロ制限を80キロで走ってもそれは違反ではないんですね!…と言いたくなってしまいます。

 ②は論外の意見です。上記に記したように、このバイパスで歩行者や自転車を見かけることは殆どありません。ということは、同じように自動車で走行している人の意見なわけです。その人のいう「びゅんびゅん」とは一体何キロなんでしょうか?確かに50キロぐらいで走っている人には、80キロで走っている車を「びゅんびゅん」と感じるかもしれません。しかし、それが制限速度となるなら何ら問題はありません。それは、ドライバー一人ひとりが自らの技量と相談し、バイパスに乗り入れるかどうかを判断するべきです。(ちなみ時間はかかりますが、バイパスを使わないとたどり着けない場所なんてありません)だって、歩行者や自転車がいるわけでもないのに「ゆっくり走りたい車もいるのに制限速度を80キロにしたら怖い!」なんて意見いちいち聞いていたら、高速道路はどうなるの?…と言いたくなってしまいます。

 後半は愚痴っぽくなってしまいましたが、「適切な制限速度」が今回のポイントです。

 教会においても「制限速度」の設定が誤っていることが無いとは言えないでしょう。本来であれば、もう少し厳しくするべき部分が、時代の流れの中で緩くなってしまったり、さほど気にする問題ではないことが、厳しく追及されたりすることもあります。例えですが、ある教会の聞いた話ですが、青年男性の長髪を注意している一方で、性的罪がスルーされていたりします。「長髪が罪なのか?姦淫は罪ではないのか?」と突っ込みたくなります。これは、あくまでも一つの例で、教会にいろいろな人間的価値基準がはいりこんでしまい、片側3車線のだだっ広い道路の制限速度を30キロにされ、住宅地の狭い道を80キロ制限にされているような状態です。

 教会において「適切な制限速度」とはなんでしょうか?それは神の言葉である聖書以外にはありません。聖書のみことばは、私たちの信仰生活の唯一絶対の規範でなければなりません。そうでないと、それぞれが「この道は40キロじゃないか!」「いや!80キロぐらい大丈夫だ!」となり、争いが生じますし、何よりも、いずれ罪を招いてしまうことにもなります。「適切な制限速度は聖書のみ!」…これを忘れないように、いつも励みたいです。

「聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。」(Ⅱテモテ3:16)
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。