スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざという時のために

 最近、某自動車メーカーの人気車種のブレーキ問題が大きな話題となっています。ゆるくブレーキを踏んだ時に、効きが悪くなるということだそうです。強めにブレーキを踏みこんだ時は何の問題もなく止まるそうですが、やはりそれだけのことではおさまらなくなり、リコールとなりました。この問題は、さまざまな原因がからんでいて、誰が悪いとかそういうことは、私の個人としての見解はありますが、このような場所で言うことは控えたいと思います。

 自動車の欠陥がどうのこうのとは関係なく、今回の一連の報道を見て思わされたことは、多くの人はブレーキを強く踏むことに慣れていないということです。何故ならば、最近の自動車は緊急事態でない限りは、軽くブレーキを踏みこむだけで十分止まる制動力が備えられているからです。ブレーキは油圧を利用して人の力でも、あの重い車が止まるようになっています。いわゆるパスカルの原理が応用されています。さらに近年の車は「倍力装置」といって、負圧を利用して足で踏んだ力を何倍にもしてブレーキに伝えています。だから1トン以上もある車がわずかな足の力で止まるわけです。

(※蛇足ですが、倍力装置はエンジンがかかっていないと作動しません。よく市町村で「エコのため」と言って、信号待ちのアイドリングストップを呼び掛けたり、キャンペーンを行ったりしていますが、ハイブリッドカーやアイドリングストップ機能の付いた車は、それが前提で設計されているので別ですが、普通の車が信号待ちなどでエンジンを止めるのは大きな誤りです。ドライバーの気づきにくい緩やかな坂道でのエンジンストップは危険極まりない行為です。そのような行為は決して「エコ」ではありません。気をつけましょう!)

 しかし、その制動力があだとなって、ブレーキを強く踏むということを感覚的に覚えられず、いざという時も、とっさに強く踏みこめなくなってしまう可能性があるわけです。自動車学校で一応、急制動の教習は行いますが、あの狭い敷地内で数回行うだけなので、免許を取って運転に慣れるうちに、感覚なんてものは忘れてしまいます。ちなみに昔の車は倍力装置が付いていなかったので、ブレーキを強く踏まないと車は止まりませんでした。なので、この危険性は最近になってきてのことです。もちろん、軽くブレーキを踏んだ時もちゃんとした制動力が得られるのが本来なのですが、だからといって車のせいにして「ブレーキを強く踏まなければならないなんておかしい!」と言ったところで、いざという時に事故を起こし、危険な思いをするのは運転者本人です。


 特に最近の車種はABSが付いているのが当たり前です。そしてABS作動時のブレーキの感覚は割と独特なものです。普通の運転でABSが作動するようなことは殆どないので、ABSが作動した時の挙動に驚いて、ブレーキを緩めてしまう人は意外に多いのです。故に余計に「いざという時」の対処に遅れが生じます。今回の話題の車種でなかったとしても「ブレーキを強く踏む」という感覚を身に付けるということは大切なことではないかと思います。特に雪道はABSが簡単に作動するので、事前にどんなものか知っておくべきです。普段、緩いブレーキで済むことが殆どだと思いますが、いざという時に「強く」ブレーキを踏む必要があるわけですから…

 さて、教会の話題をしましょう。教会は問題や争いが起きない方がいいに決まってますし、普通はそのような特別な自体が起きている方が少ないと思います。そうでないとしたらちょっと問題アリです(笑)。なので、普段はごく普通の信仰生活がおくれるかもしれません。しかし、誰であれ、信仰が試される時が来ます。そのような時、「いざという時なんて自分には訪れるはずがない!」なんて思っていると、本当に「いざという時」が来たときに、その問題を乗り越えることができなくなってしまうかもしれません。

 その究極ともいえる問題が「信教の自由」の問題であるかもしれません。万が一信仰を守ることが困難な時代がやって来た時、何が正しいかわかっていてはいても、誰しもその信仰を守り抜くことが容易ではないことは理解できます。しかし「礼拝を自由に守れなくなる日なんて来るわけがない!」と「緩いブレーキ」ばかりを想定していると、いざという時に「強いブレーキ」を踏むことはできないのではないでしょうか。それを考えていく時、神様が少しずつ私たちにに必要な試練を与えられ、そのことを通して、普段は「緩やか…」であったとしても、いざという時に「力強く…」ができるように成長させられるものでありたいと願います。


「信仰の試練は、火を通して精練されてもなお朽ちて行く金よりも尊いのであって、イエス・キリストの現われのときに称賛と光栄と栄誉に至るものであることがわかります。」(Ⅰペテロ1:7)
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。