スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

互いに歩み寄る

 以前お話ししたように、私のバイクは現在、純正マフラーに交換して、買った当時よりは、だいぶ音が静かになっています。それでもバイクは四輪車よりは音が大きくなってしまいますので、最近は、自宅付近ではエンジンの回転数をあまり上げないとか、さらに気を遣っていこうと思うこの頃です。「教会」=「暴走族」なんて思われたくないですからね。しかし回転数をあまり上げないとはいっても、古いバイクを乗られる方はわかるかと思いますが、四輪車のように、アイドリング+αなんかで走行するなんてことは無理があるので、ある程度はどうしても回転数が上がってしまいます。つまり、音が抑えられる精一杯のことをするしかないわけです。

 よく、ライダーが近隣住民の苦情で幹線道路までバイクを押していってからエンジンをかけるなんてこともあるらしいですが、私から言わせれば、あまりにも愛がなさすぎです。だって苦情を言われて、素直にわざわざバイクを遠くまで押していくような人は、無駄な空ぶかしとかするとかは到底思えません。違法改造している場合とか、早朝や深夜とかは別ですけどね。これは何も自動車ばかりではなく、生活しているうえでのさまざまな音でも、よく問題になることです。何故かというと、それぞれの感じ方が違うからです。たとえば、部屋から漏れるピアノの音が、ある人にとっては心地いいものであっても、ある人にとっては騒音になってしまいます。でも、その騒音と感じている人が別の音で他の人に騒音を与えているかもしれないわけです。

 こんなことは千差万別ですから、法律を犯していない場合は、お互いが最善の努力をし、そして互いが受け入れあっていけば、それでいいのではないかと思うのです。たとえば、ある程度音の大きくなる事を行う場合は、極力日中に行うとか、その上で、互いが日中のことであれば目をつぶるとかすればいいと思います。そういう意味では、私たちの教会の主日礼拝は、近隣の方々に本当にご理解いただいていて感謝です。近隣の問題で、真夏でも窓を開けられないような教会もあるらしいですからね。あとは、本人が気付かない場合もあるので「すみませんが、窓を閉めてもらっていいですか?」とか「夜は控えてもらってよろしいですか?」とか「親切に」言ってあげることも大切です。ようは今日のポイントは「互いに」ということです。

 教会においての音の問題で、いちばんよく言われることが「礼拝中の小さな子どもの声」です。何故、問題に発展するかというと、「互いに」歩み寄らないからです。片方では、親が「子どもがうるさいのは当たり前なんだから、他の人が我慢するべきだ!」と言い、もう片方では「礼拝に、そんな大きな声をだされては困るから子どもを礼拝堂に入れないで欲しい!」となってしまうわけです。互いの主張は正しいのですが、主張する立場が正反対になってしまっているのです。子どもの親が「礼拝なのであまり大きな声を出さないように配慮しなければ」となり、他の方々が「小さな子どもが、声を出してしまうのは仕方がないことなんだ」となるのが本来です。我が家も小さな子どもがいるので気をつけなければと思っております。

 教会において正しい主張であるのに、問題になってしまう時、「互いに歩み寄る」ということをすることによって解決されることがあるのではないでしょうか。もちろん、みことばの土台にあって理不尽な主張の場合は毅然とした態度が必要であると思いますけどね。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。