スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんながやっているからOK?

 2009年最後の日です。年末は高速道路が毎年渋滞します。それを防ぐためか、休日千円割引が年末に適用されませんでした。(なぜか、年始は適用!)まぁ、私個人は遠出しないので、影響はないのですが、遠出する人には大変だったかもしれません。しかしながら、こちらのような地方の高速道は、お盆だろうが、年末だろうが、目立った渋滞はしません。だいたい年末に渋滞するのは都心からの下り線です。下り線であっても、走行するにつれ、それぞれの地方へ車が分散していきますから、だんだんスムーズになっていきます。

 何故そのようになるかなんて当たり前のことですが、移動する人の数が地方と都心では絶対的に違うからですよね。私は東京に3年間住んでいましたが、最後まで、あの人の多さに慣れることはなかったです。私の郷里長野であんなに人が多いのは冬季オリンピックがあったときぐらいです。以前、長野で「土曜日」に久しぶりに駅前に行った時、「今日は元旦?」というぐらい人が少なく感じました。それぐらい地方と都心(特に東京)は人の多さが違います。

 そのような影響は自動車社会も影響を受けまして、例えばディーゼルエンジンの自動車は都心では規制がかかり、所有はおろか、場所によっては乗り入れも厳しい状況です。無論これは日本全国ではなく、都心が殆どです。つまり交通量の少ない地方は規制がありません。その為、登録を規制のかかっていない都市で行い、実際は都心で使用しているという、いわゆる「車庫飛ばし」も増えています(もちろん違法!)。一番単純な解決方法は、全ての分野において「一極集中型」を改善することであると思いますが、現実的には難しいでしょう。

 でも、別の見方をすれば、一人ひとりの問題だと思うのです。ディーゼルエンジンが、ガソリンエンジンと比べてどれだけ有害かとか、本当に有害なのかとかいうことを話すと非常に長くなりますので割愛しますが、つまりは都心で有害なものは、地方でも有害だということです。車の排ガスの総量は、当然のことながら地方よりも都心の方が多いです。しかし、1台あたりの排出量は、同じ車種であれば、どこで乗っていても一緒です。なので一部だけの規制をせざる得ないのは私も納得はしますが、本当に有害だと言うならば、地方だろうと都心だろうと規制をしなければならないのではないかと思うのです。個人が車を買い換えるのには相当な負担を強いられます。それを考えると仕方ないことではあるのだけれども、かわいそうだなぁと思わされます。ようは私が言いたいことは、有害なものは、どこに行ってもそれは変わらないということです。

 聖書には神様の規準においての罪がどのようなものであるかということが、ハッキリと示されています。しかし、残念なことに、その規準が「時代の変化」とか「地域の文化」とか「年代の差」であるとかいう理由でねじ曲げられえていることが少なくありません。「赤信号、みんなで渡れば怖くない」という言葉がありますが、まさにその通りのことが起きているのです。

 しかし聖書が罪というならば、時代が変わろうとも、地域の文化が違えども、年代の価値観に差があっても、罪は罪なのです。「みんなが罪というから罪」なのではなく「聖書が罪といっているから罪」なのです。教会は、絶えず変化する周りの価値基準に惑わされることなく、みことばに堅く立って歩んでいくものでありたいと願います。

 もちろん、「ニーズ」というものは変化します。罪の規準を変えないという事と、ニーズを無視するということは決して同じではありません。変化していくニーズに応えつつ、みことばの規準は決して変えない姿勢が求められるわけです。 
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。