スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタイルか?結果か?

現在、教会の一泊会でHバイブルキャンプ場に来ています。みんなでバーベキューを楽しみ(食べ過ぎた…)、普段、話さないような話題も話し、良い交わりの一時を過ごしています。

そんな中で車の話になりました。二酸化炭素削減目標達成の為には、殆どの車がハイブリッドカーにならないとダメらしいということです。確かにそうかもしれません。でも、買う時の減税だけでは、みんながみんなハイブリッドカーにはしないだろうから、そうなると法律でエコカー以外の販売を規制する時代が、そう遠からずやってくるかもしれません。

 でも二酸化炭素はエンジンの大きさである程度発生するのは物理的に仕方のないことです。化学の話になりますが、いくつかのHC(ガソリン)がいくつかのO2(酸素)と結びつくとH2O(水)とCO2(二酸化炭素)ができます。CO2がちゃんとできないと、CO(一酸化炭素)という有害ガスが発生します。

 ハイブリッドカーが二酸化炭素の排出量が少ないのは、エンジンそのものの二酸化炭素があまり出ないのではなく、モーターでアシストする分、エンジンの燃料を少なくしたり、エンジンそのものを停止したりするからなんです。簡単に言うと、車の種類に関わらず、ガソリンが減った分だけ二酸化炭素が出るということですね。ようはどれだけの結果を残すかですね。だから理想としては、車の種類もそうだけど、年間、ガソリンをどれだけ使ったかでも自動車税などが優遇されればいいのにと思っています。(無理だろうけど…(だって、たまーにしか乗らない人がエコカーではないということで高い自動車税を払うのは、かわいそうな気がします。

話は変わりますが、教会において、何かの働きをなそうとするときに方法やスタイルばかりを気にして、結果を気にしないということはないでしょうか?勿論、全力を尽くしたら結果は神様に委ねるのですが、方法やスタイルが第一になってはいけません。せっかく実を結んでいる働きを「方法が違うからよくない」と言って安易に止めてはならないのです。

たとえ目に見えて実を結ばない働きであったとしても、その方法が神様が示されたことであると信じていくことも大切です。しかし、みことばから逸れるよいな働きはよくありませんが、あまり方法や種類にとらわれず、その働きによって実を結び、神様の栄光があらわされたことを素直に喜ぶことも大切なのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。