スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境のせいばかりにはしていられない

 今日、ニュースを見ていたら、20代男性が高速道路を逆走して死亡したという事故がありました。近年、高齢者による高速道路の逆走が問題になっています。そういった流れからすると「何故、こんな若者が?」と思ってしまうような事故です。確かに年代ごとに分けて事故率を見れば高齢者の事故率が高いことは事実でしょう。でも、じつは高齢者以外が高速逆走で事故を起こしてしまうケースは珍しくありません。実際、高齢者の逆走事故の割合は、おおよそ4割ほどです。つまり残りの6割が高齢者以外であるということです。近年、高齢者の人口が増えていますから分母が増える分、事故件数も増えてきていることでしょう。それでも年齢という理由では説明ができないおおよそ6割の人が逆走事故を起こしているのです。これは何かどこかに問題があるのではないかと思ってしまいます。

 確かにこういった声は結構多いです。ですが、その多くが高速道路の構造上の問題にしています。その為、実際にICの合流地点でポールを設けて逆走しにくくしたりしていますが、サービスエリアやICの入り口の時点で間違えてしまってはその予防も意味がありません。反対から通れないようにゲートを付ければいいという声もありますが、それをしたら恐らく頻繁に渋滞が起きるでしょうし、きっと設置費用のコストが莫大となってただでさえ高い高速料金がさらに値上がりするのが目に見えています。何よりも「問題が絶対起きないような構造にする」という発想はある程度は必要ですが、限度をわきまえないと行きつく先は「車は走る凶器だから販売禁止にしましょう!」という発想になってしまします。

 私は思うのですが、車は運転することそのものにリスクがあります。各メーカーが様々な安全対策を開発していきますが、リスクがゼロになることは絶対にありません。もちろん、より安全な設計になっていくことは望ましいですが、最終的にはドライバーの意識の問題ではないかと思うのです。最善な安全策は取りながらも、運転者であることの自覚を持ち、交通法規に熟知していくことです。「そんな覚えられないよ~!」という人は、厳しい言い方ですが、免許を更新するのはやめた方がいいと思います。

 例えば同じ国家資格である医師免許を持つ方々は人のいのちをあずかっているという自覚が当然必要となっていきます。たとえ医療機器が発達してできるだけ医療事故が起きないような安全策がとられたとしても、「え~!そんなこと知らなかった!」と言って医療事故を起こしたら、それは「事故が起きる環境が悪い!」とはならず「医師免許を持ってるのになんでそんなこと間違えるんだ!」という批判を受けることとなるでしょう。自動車も扱い方を間違えれば簡単に人のいのちを奪ってしまうものです。ですから「高速は逆走しちゃだめなんて知らなかった」とか「どっちが進行方向か分かりにくいから間違えた」という言い訳は免許を持っている以上はしてはいけない言い訳です。それぐらい自動車免許とは責任あるものです。安全対策はさらにしていくべきですが、免許保有者の責任という自覚をなくしてしまうような度を過ぎた安全対策は個人的には反対ですし、きっとそんなことにはならないだろうと希望を持っています。

 人は罪を犯します。そしてそれは色々な状況の中でいつの間にか過ちを犯してしまったとか、苦しい状況だったからつい誘惑に負けてしまったとか色々なケースがあると思います。もちろんこれらの罪は悔い改めれば神の御前にすべて赦される罪ですが、犯した罪の責任は周りの状況や苦しさのせいにしてはならないのです。神の御前にはあくまでも罪を犯した本人が問われることとなるのです。状況を変えて罪から離れることも大切です。それでも人は完全ではありません。どんなに罪を犯しにくくするような環境に身を置いたとしてもゼロにはできないのです。それが人間です。ですから罪を「環境の故に仕方なし」と捉えるのではなく、日々、自らの弱さと向き合いながら歩んでいくことも大切なのではないでしょうか。

スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。