スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

求めるものは変わっていく

 マツダのロードスターのハードトップ版が出ましたね。

rf.jpg

 ロードスターRF。私はビビりなので、ソフトトップよりハードトップの方が安心感があります。オープンにしても後ろ側にピラーが残るので実際、ソフトトップよりも安全だと思います。走りの面でも当然、ハードトップの方が剛性が出ますから有利です。しかも、これは意見が分かれるでしょうが、エンジンが2ℓになっています(ソフトトップの方は1.5ℓ)。恐らく電動ハードトップの機構による重量増を補うためであると思うのですが、それでも車重は1,100㎏と、2ℓクラスにしては相当な軽量ですから実質的に相当なパワーアップをしてると思います。まぁ、私はこの重量なら1.5ℓのままでもいいかなと思います。

 ただ、値段もぐっと跳ね上がりまして一番安いグレードで324万円!装備が充実してしるグレードを選べば乗り出し400万円オーバーは確実です。スポーツカーとしてみればこれぐらいの価格は仕方がないのかもしれませんが、90年代のスポーツカー全盛期を知っている私としてみれば「当時のRX-7が新車で買えてしまうではないか!」と思ってしまいます。

RX-7.jpg

 かたや2ℓNAの150馬力そこそこの車、かたやロータリーターボの255馬力(後期型は280馬力!)、同じFRのスポーツカーで価格帯が一緒というのは、いくら電動ハードトップであるとしてもなんか納得がいきません。ちなみに当時の大卒初任給と現在の大卒初任給に大差はありませんし、平均年収はむしろ当時の方が高いぐらいですから、ただ単に物価が上がったというわけではありません。ロードスターRFは純粋に高い高級な車という位置づけであるということです。

 ただ、これはあくまでも私のような速い車が好きな人が動力性能を比べた場合の話であって、当時もまずは動力性能!といった時代であったからです。車の魅力は速さだけではないですからね。デザイン、乗り味、安全装備など、時代と共に車の何を見て選ぶかというのは当然変わってきます。近年は必ずしも動力性能を重視する傾向にあるわけではありません。ですからこのパッケージングで魅力を感じる人がいればそれでいいのです。自分で言っておいて何ですが「この値段でこの程度のパワーか…」というのは時代遅れの批判なんだと思います。

 
 教会が提供するものは昔から変わることはなく、これからも変わることのないみことばの福音です。しかし、その福音を提供する前の段階において人々が何を求めているのかというのは変化していきます。その前の段階をないがしろにして昔からのことばかりにとらわれてしまっては、福音を提供する以前に提供する機会さえなくなってしまいます。真理は曲げずにかつ時代に敏感な教会であるべきではないかと思います。

スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。