スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状に即したものとする

 現在、普通自動車免許は50cc以下の原付バイクが乗れることになっています。それが今後、この枠を125cc以下の原付二種の枠まで拡大しようという動きが出ています。賛否両論ありますが、今の動きだとおそらくそうなるのではないかとの見解が有力です。バイクに乗らない方はどのような違いがあるのかあまり分からないと思いますので一応違いをざっくり比べると以下の通りです。

原付一種(50cc以下)
・制限速度は30km/h、なので入る人はいないとは思うけど当然高速道路は不可
・片側が三車線以上あるようなところは二段階右折をしなければならないところも多数
・二人乗り不可
・現在の免許区分は原付又は四輪免許で運転可能

原付二種(125cc以下)
・制限速度は標識通りの速度を出すことが可能、ただし制限速度が80km/h等の自動車専用道は不可
・二人乗り可
・高速道路不可
・現在の免許区分は普通自動二輪小型限定

自動二輪(126cc以上)
・制限速度は標識通りの速度を出すことが可能、制限速度が80km/h等の自動車専用道等も可
・二人乗り可
・高速道路可
・現在の免許区分は普通自動二輪又は大型自動二輪

地方にいるとあまり分からないですが、渋滞や入り組んだ道が多かったり、駐車場が非常に少ない都市部では、制限のある原付よりも原付二種や自動二輪の方が重宝しています。今、議論されていることは、四輪免許で125ccまで運転できるようにして渋滞緩和しようということなのではないでしょうか。原付が増えても結局交通の流れに乗れませんから渋滞緩和にはならないですからね。

私はいいのではないのかなと思います。私が考えるに運転の際、安全に必要となってくることは運転技術よりもむしろ交通法規の把握や危険予測なんかではないのかなと思います。ですから、簡単なペーパー試験のみで実技試験がない原付免許とは違って四輪免許を取る時はしっかりとその辺りを学びますから、下手に試験場で一発で取ってしまった二輪ライダーよりも、安全という事に関しては安心できるのではないかと思います。技術的なことは慣れです。そもそも大型自動二輪の教習でさえ路上教習や試験は一切ありませんから、二輪専用の免許でないと危ないというのは微妙なところです。

かと言ってすべてのバイクが運転できるようになってしまうのだとあまりにも危険です。スピードの問題もありますし、250ccもあればばスポーツカー並みの加速をしますし、大型バイクだとスーパーカー以上の加速をします。ですから高速に乗ることができない125cc以下というのが妥当なのではないかと思います。今後、実際にそういう制度になった時、現在すでに四輪免許を持っている人も含めてそうするのか、それともこれから新たに四輪免許を取ろうとする人たちに適用するかですね。

ただし、もう絶版で中古しかないですが、2ストの125ccは四輪免許のみの人はお勧めしません。今どきの250cc並みのパワーがあります。やめといたほうがいいですよ(笑)。

いつもいう事ですが教会も時代の実情に合わせていくことの必要性を考えさせられます。


スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。