スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永遠のいのちの問題

昨日、東北自動車道で事故を起こした車から乳児が投げ出され死亡したという痛ましいニュースを目にしました。授乳中であったとのことです。

そしてニュースのテロップには「不運」の文字がありました。不運??授乳中にたまたま事故を起こしたから不運なのですか?私には理解できません。授乳中ということは赤ちゃんをチャイルドシートから外し、母親もシートベルトを外していたということです。この時点で「不運」などではなく意図的に危険な状況を作り出してしまったということです。

おそらく、この両親は我が子が亡くなった原因を嫌というほど噛み締めておるでしょうし、警察からもたっぷり絞られているでしょうが、報道する側がこの状況で不運なんて言葉を使ってはいけません。

6歳未満の子どものチャイルドシートの装着が義務化されてからだいぶ長いこと経ちますが、街中を走っていると小さな子どもが車内で動き回っているのをいまだによく見かけます。それを見るたびにヒヤヒヤします。実際にチャイルドシートをしない理由を聞くと「子どもが嫌がるから」とか「子どもが可哀想だ」という答えが返ってきます。でもそういう人は今回のような事故のニュースを100回ぐらい見た方がいいです。

確かに子どもが泣き叫ぶと切ないですが、そのことで死んでしまうわけではありません。今回のことでいうならばパーキングエリアに着くまで我慢すればよかったのです。日本の高速道路はパーキングエリアがおおよそ15キロごとにありますから、最長でもほんの10分ぐらいなもんです。一般道であればすぐに安全に停止できる場所が見つかるでしょう。

初めから子どもが嫌がっていたとしても、これは命の問題と考えるならば本当にそれでいいのでしょうか。大人になって自分で車を運転するようになってシートベルトしないで命を落とすのは本人の責任ですが、子どものうちはたとえ子どもが嫌がってもその責任は親にあります。ちなみに我が家は、子どもたちがチャイルドシートに座ってシートベルトを装着し終わるまで1メートルたりとも車を動かすことはしません。やはり子どもを託された家族の責任は大きいのです。

これは信仰の面でも同様ではないでしょうか。信仰を強制するのは良くないと言って子どもを教会に連れてくることに消極的な親も少なくありません。(夫婦のどちらかのみがクリスチャンの場合はそれもあるでしょうから今回の議論の対象とはしません)
夫婦ともにクリスチャンの場合は子どもを教会に連れて来ない選択をするということは、子どもだけを家に残しておくわけにはいきませんから、どちらかが意図的に礼拝にいかないことを意味します。実際にそういう家族を私は何人も知っています。結果的にそのような状況で子どもが将来、信仰を選び取るかといえば難しいのが現状です。

確かにいくら親だからと言っても子どもに信仰を強制するのはよくありません。でも、教会に連れてくることは信仰の強制でしょうか?私はそうは思いません。信仰の提供はしますが、信じるか信じないかはあくまで本人の選択によるものです。それにたとえ教会でなくても夫婦ともに出かけなければならない時はたとえ子どもが嫌がっても一緒につれていくでしょうし、それを「強制はよくない!」とは言わないでしょう。

最終的には、これは永遠のいのちの問題ですから子どもを神から託された(すべてのいのちは神のご支配のうちにある故に子どもは親の所有物ではない)ものとして責任があるのではないでしょうか。

スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。