スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その根拠は何でしょう?

いや〜、政治の話題はほどほどにしておこうと思ったのですが、投票日が近い今週はネット上で特にSNSなどでは選挙の話題で溢れてまして…べつにそのこと自体がいけないわけではないんですよ。それぞれの考えと主張があるわけですから。

ただ気になることが一点だけ(にとりあえずしておきます…笑)、クリスチャンやキリスト教団体が他の立場の方々、あるいは他の宗教の方々と共に「憲法違反だ!」と言って訴えかけるのはちょっと違うんじゃないかなと思います。

キリスト者が世の光として見張人として訴えかけていくことは大切なことだと思いますが、その根拠はもっと大切なんじゃないでしょうか。クリスチャンでも色々な考えがあるという前提ですが、少なくとも「憲法違反だ!」はないんじゃないかと…もしそう訴えるんだったら立場抜きにして一個人として訴えるべきではないでしょうか。だって憲法違反が訴えの根拠なら改憲されて合法になったら何も言えなくなっちゃいますよね。実際、違憲を訴える憲法学者でも、改憲すべきではない派ときちんと改憲して筋を通せ派と両方いるんじゃないんですかね。

では、もし仮に改憲されたとしたらまた別の根拠を見つけるのでしょうか?でもその前の訴えの根拠はなんだったのかということになっちゃいますよね。それはあまりスマートではありません。

キリスト者が社会に訴えていくということは、あくまでもその根拠は聖書がそう言っているからでなくてはならないのではないでしょうか。そしてそれをわかるように示していかなければならないのではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。