スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その時代にとっては…

今月号の月間オートバイの表紙。「花の90年代」とあります。まさにこの時代は魅力的なバイクで満ちあふれていました。

201608

私が二輪免許を取ったのは1991年ですから、まさにこの時代でありました。当時は魅力的なバイクは数あれど、高校生の私にとってはまだまだての届かない代物。80年代の中古バイクに乗るのがやっとでした。しかもその頃は免許制度が厳しく、大型二輪なんて高嶺の花です。

それが今やふた昔のバイク。当時は買えなかったバイクが今はかなりリーズナブルな価格です。大型二輪も身近になり、おかげで現在、私が乗ってるバイクも当時は手が出なかった90年代のバイクです。

でも正直言うと、90年代のバイクを好んで乗っておられる方も多いと思いますが、私がこの時代のバイクに乗ってるのは予算的なところが大きく、本当は現行車種に乗りたかったりします。かなり長いスパンで乗るのを覚悟すればそれも可能かとは思いますが、バイクは趣味的嗜好が高い乗り物、やはり安く抑えて色々な車種に乗りたいという思いもあります。ですから、仮に予算無視で乗り換え放題だったら(そんなおいしい話があるはずありませんが)私は結構、現行車種に乗ってると思います。それぞれの年代の良さがありますからね。

教会は長い歴史の中で様々な文化やスタイルを築いてきました。ですから色々な価値観がそこにあります。信仰生活の長い方でも昔ながらのスタイルを好む方も多いいれば新しいもの好きの方もいます。若い方の中でも、現代の教会のスタイルがいいという人もいても、数十年後には、きっとそれは昔ながらのスタイルとなることでしょう。

こういったことを考える時、大切なことはお互いの価値観を受け止めるということです。信仰の先輩方は自分たちが受け入れてきたスタイルは当時の教会にとっては決して伝統的なスタイルではなく、新しいものであったはずですから、新しい教会のスタイルを好む若者たちを理解する必要がありますし、若い方々も、信仰の先輩方にとっては、今の自分たちのように当時の教会のスタイルをその時代のスタンダードとして受け入れてきたことを理解しなければなりません。

総合的に考えれば教会は時代と共に変わっていくべきところは変わっていくべきだと思いますが、その変化の中でも、互いの過ごしてきた価値観がそこにあることを受け入れ合っていくことができたら幸いなのではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。