スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法律とマナー

 今度の日曜日は、新潟は市議・県議選挙の投票日です。私はすでに期日前投票を済ませましたが、まだあと二日ありますので、教会のある団地内も毎日何台も拡声器で訴えかける車が通ります。それは教会の礼拝や集会の時間と重なることもあるのですが、それはそれでルールで定められていることなので仕方がありませんし、必要なことでもあるのでしょう。でも、私はルールだけではなくマナーも守ってもらいたいと思っております。ルールは法律で対応できますが、マナーは「別に違法行為じゃないじゃん!」と言われればそれ以上の対処は難しいです。

 多くの候補者の方が良識をもっておられ、あくまでも一部の方々であるという前提でお話ししますが、今日も連日同様拡声器からの声が鳴りひびいておりました。多くの場合は通り過ぎていくだけなのですが、そのうちのとある候補者の方の声が離れていくことなく、その場で留まり演説が始まりました。「まさか教会の前で?」という不安から(教会という立場上、教会が特定の政党や候補者を推しているという誤解を受けるのは好ましくないため)外の様子を見ると隣の空き地(厳密には畑)の前で演説をされております。

 それだけなら別によかったのですが、支援者の方が二人ほど堂々と教会の敷地の出入口を塞ぐようにしてのぼり旗を持って立っておられます。さすがにそれはマズいです。今日は祈祷会もあります。祈祷会がなくてもいつだれが来られるかわからないのでそれはNGです。そもそも、一般家庭でも入り口に立つのはたとえ公道でもマナー違反です。

 さすがに容認するわけには行かないので、その方々に「すみません、そこ出入口なんで…」と声をかけると、きょとん…とした顔でこちらを見るだけで分かってもらえず、「車の出入りがあるのでそこから向こうに移動してもらえますか」と手振りを交えて言ってやっと移動していただけました。その後も教会の入り口の脇数十センチぐらいのギリギリのところに立っておられ、やがて演説を終え去って行かれました。

 そして演説の最中になにやら近隣の住民の声が聞こえてきました。はっきりは分からないかったのですが、おそらく「ウルサイ!」と言ったのだと思います。それもそのはず、今日は他の候補者の車も何台か通たのですが、この候補者の拡声器の音量は他の車に比べて一際大きな音量でした。私の感覚では違法になるかならないかのギリギリの線ぐらいの爆音だと感じました。しかしその住民の声に対して「ご声援ありがとうございます!」と応えていましたので、その住民の方はさぞかし嫌な気持になったのではと思います。

 おそらく批判も励ましであるとの姿勢で、そのような返答をしているのだと思いますが、私はそんな姿勢よりも良識やマナーの方が大切なのではないかと思います。数年前の選挙でも私は似たような経験をしました。私が車を運転していると候補者がちゃんと広い歩道もある道なのに車道に止まっている車のさらに車道の内側で演説をしておられ、あまりにも危なそうだったので、「車道は危ないからやめてください」と言うと、先ほどの方と同様に「ご声援ありがとうございます!」という返しがきました。

 何か文句ばっかりになってしまいましたが、要は法的ルールを守っていれば良いというわけではないということです(先ほどの大音量と車道の内側での演説はもしかしたら法に触れるのかもしれませんが)。良識やマナーをもってことにあたることも大切なことです。そしてそれは教会にも全く同じことが言えます。私も気を付けたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。