スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普段の備え

 冬になるとバイクに乗る機会が激減します。雪国は乗りたくても乗れません。バイクは雪に勝てません。そうなると冬場のバッテリー管理が大切になってきます。ところが先日、管理を怠り、バッテリーを上げてしまいました。ブースターケーブルで繋いで始動はするのですが、しばらく乗ってもすぐにダメになります。つまりバッテリーの寿命です。ということで、先日、バッテリー交換をしました。

battery.jpg
 今回は少し妥協しまして無名メーカーのリーズナブルなやつです(右側)。交換サイクルが早まるかもしれないですが、有名どころと比べれると数分の一の価格なのでやはり考えてしまいます。当然のことながら、無事にエンジンがかかりました。あとはどれぐらいもつかは未知数です。

 冬場のバッテリー管理の方法はいくつかあります。一番良いのはいつも乗ってあげることです。ですが、雪国でそれは無理です。次にメジャーなのがバッテリーを外して暖かい室内に保管するということです。そうすることでバッテリー容量が低下するのをある程度抑えることができます。ただし、最近のインジェクション制御のバイクはともかく、私が乗っているような古いバイクはキャブレターのガソリンを抜いておかないと、春になってエンジンがかからなくなってしまったりします。そしてこの方法は、冬場は一切乗らないという割り切りの方法です。

 私はそれは嫌なんです。太平洋側は寒いのさえ我慢すれば、かなりの割合でバイクに乗れると思いますが、雪国は、特に晴天率の低い新潟は冬は本当にたまにしか乗れません。だからこそ、その貴重な日に乗りたいと思ってしまうのです。ですから、晴れ間があったらなるべく乗るようにしています。そうすることでバッテリー上がりを防ぐことができます。

天気が悪い日が続くとそうもいかないので、そういう場合は、ガレージでしばらくエンジンをかけておきます。古いバイクなので、エンジンの回転数をある程度上げないと充電されないので、ちょっと煩いのが難点ですが、やはりいざという時に乗れないのは困るのです。

信仰生活も普段の何もない時こそ、いざという時の備えが必要ですね。「いざとなったら俺はやるぜ!」は、普段からの備えがあってこそのものではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。