スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時には聞き流しましょう

 ブログやフェイスブック、そしてYoutubeなど、インターネット上のツールの多くにはコメント欄があります。たとえ直接知り合いではなくても気軽に意見交換などができるので多くの人はコメント機能を使用しています。

 ところがいいことばかりではなく、どのようなブログや動画でも必ず一定確率で攻撃的なコメントをする人が出てきます。彼らはとにかく自分の考えに合わない記事や動画を見つけ出しては誹謗中傷を繰り返します。うれしいニュースがあってもコメントで「そんなの興味ないからどうでもいいし・・・」とかコメントする人って結構多いのですが、どうでもいいなら記事すら見ないはずなんですけど、それをわざわざコメントするとは!?(笑)。その記事や動画が人気があればあるほど、誹謗中傷コメントも増え、ここでは文章にできないような悲惨なコメントも多々見受けられます。なんかそういう人たちってさみしいなあと思ってしまいます。

 私はこのブログでは、そういうのがメンドクサイのでコメント機能をオフにしていますが、やはりそれでは面白くなかったり、反応がわからないからとコメント機能をオンにしている方が多いです。その結果、ブログがいわゆる「炎上」してしまったりすることもあります。記事を書いたり動画をアップした本人の内容が原因であることももちろんありますが、そうではない場合もあります。いずれにしても、こういったツールを利用している以上は誹謗中傷コメントをゼロにすることはできません。

 ではどのような対処法が効果的でしょうか。管理者が削除するという方法もありますが、多くなってくると限界がありますし、どこまでがOKでどこからがNGなのかが難しいです。一番の対処法は「スルー」であると思います。どうせゼロにならないのであれば、誹謗中傷は無視して放置しておくのが一番です。誹謗中傷コメントを非難するコメントがあったりもするのですが、はっきり言ってそれでは相手の思うつぼです。彼らはそういう反応を楽しんでいます。そして、それがエスカレートすると記事や動画の内容とは関係なく、互いに批判しあって結果的に場が荒れてしまします。それでは本人を擁護するつもりが逆に迷惑をかけてしまいます。投稿者本人を助けたいと思うならば、誹謗中傷は無視して、普通に励ましの言葉や感想を書き込めばいいのです。

 クリスチャンが批判を受けるということが時にあります。「排他的だ!」とか「偽善だ!」とかいろいろあります。それを聞いていて平気な人はいないと思いますが、そのような非難に対して必要以上の反応をすることは逆効果になるときもあります。言い返す時に傷つくこともあれば、相手に憎しみを抱いてしまうことだってあるでしょう。また、人々に批判を受けないで受け入れてもらえるよにと、みことばを曲げてしまう恐れだってあります。「結婚前の肉体関係がダメなんてキリスト教って時代遅れもいいところだよね・・・」と言われて「では、姦淫の罪は夫婦以外には適用されないとしてしまって独身者は自由にしてしまえばいい!」なんてことにもなりますし、残念なことですが実際にそういうケースもあります。

 クリスチャンは黙っていなさい!・・・ということではありません。いろいろな意見の風に振り回されることなく、みことばの真理を人々に伝え続けていくものであるべきではないでしょうか。批判に対して批判で応酬したり、批判を恐れ真理を変質させてしまったりするのではなく、受け入れるべき批判は受け入れ、そうではないものは聞き流し、ただひたすら福音に立っていくものでありたいです。

 
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。