スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔を懐かしんだところで…

 ヤマハから久々に250ccフルカウルスポーツが発売されましたね。この時期に発売って雪国に住んでいる私にとっては??なのですが、きっとそれでも売れると思います。

yzfr25
 こちらがヤマハから新たに発売されたYZF-R25です。スタイルは私の中ではダントツです。最高出力も36psと他社を圧倒しています(ちなみにホンダのCBR250が29ps、カワサキのニンジャ250が31psです)。これでスズキがGSX-R250とか出してくれれば完璧なんですけどね。

 250ccから新たにスポーツバイクが一台発売されただけで大注目なのですが、昔は、この250ccクラスが全盛期の時代がありました。国内メーカーがこのクラスに惜しみなく最新技術を投入してきて4スト2スト入り乱れて何車種もラインナップされ、このクラスは選びたい放題でした。

 CBR250RMC19.jpg
 こちらは私が以前乗っていたCBR250Rです。今のCBRではなく、まさにその全盛期の時代のバイクです。今ではこのクラスではコストや規制の問題であり得ない4気筒です。25年ぐらい前のバイクですが、当時の価格でも現行車種よりも高かったです。最高出力は45ps!低速トルクは現行車種よりも頼りない感じですが、高回転のパンチ力は全然違います。2ストなんて、そのさらに遥か上を行くパワーがありましたから凄い時代でした。

 さて、昔を懐かしむのはそこまでにしたいと思います。当時はさまざま意味で規制もさほど厳しくなく、たとえコストをかけて販売価格を高めにしても十分売れる時代でした。だから、昔の方がパワーがあって車種が多かったのなんて当たり前のことです。今は状況が全く違います。そのいろいろな制約がある中で、このパフォーマンスで発売したヤマハは凄いと思います。

 昔の全盛期の時代に同じ規制の条件の中でこのパフォーマンスを出すのは不可能でしょう。現行車種がここまでのものを出してくるのはメーカーの努力による技術進歩のおかげです。ですから、昔と性能を比べて今の方が劣っていて魅力がないとかは言うべきではないのです。言うとしたらメーカーではなく必要以上に規制を厳しくした側なのではないかと思います。むしろ安全面はタイヤの性能向上やABSなどで昔よりも格段に性能が上がっていると思いますし、個人的にはピークパワー以外は全て現行車種が勝っていると思います。

 教会で昔を懐かしむのは別に悪いことではありません。ですが、それを現状との比較対象にして現状批判の材料にすることは良くありません。例えば、現代の教会の若者たちを自分たちの昔の若い頃と比べて「私たちの時代は云々…」とか「今の若者は云々…」とか言ったところで、生きている時代も環境も違います。

 私は、今の若者に課題が無いかと言えばそんなことはありません。でも、それは皆が若かりし頃は、当時の先輩方に同様のことを思われていたと思います。むしろ私なんかは、生きにくいと言われているこの時代によく頑張っているなぁと思ってしまいます。昔は昔としてそれはいい思い出と経験だと思います。でも、昔を懐かしむあまりに現状批判になってしまわないようにしして”今”何ができるのか?”今”どうするべきなのか?ということを考えていくものでありたいです。


スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。