スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代の流れ

 ものすご~く久しぶりの更新です。
 諸事情があり、更新を休止しておりましたが、可能な範囲で再開したいと思います。

 再開して最初の話題もやっぱりバイクです。先日、ニューモデルのデビューフェアのDMが届きました。

m821.jpg
 この日程だと調整すれば行けないこともないです。行ければ行こうかな…試乗できればなおのこといいですね。

 このmonster821の排気量は数字の通り800ccちょっとなのですが、私が乗っている900ccの初代monsterよりも30馬力ほど出力が上です。排気量が小さいのに何故そんなにパワーがあるかというと、時代と共に技術が進んでいるということももちろんあるのですが、一番の要因は水冷化です。

 このmonsterシリーズは代々、空冷エンジンが使用されてきました。水冷モデルをラインナップしていた時代もありましたが、結局空冷に戻りました。でも現在は上位車種のmonster1200も同様に水冷化されました。水冷は空冷よりも冷却効率がいいので出力を上げられるのです。でも、水冷化の一番の理由は馬力を上げたいからではありません。一言で言うと時代の流れというやつです。

 時代の流れと共に騒音や排ガスの規制が強化されています。その規制に対応させるには空冷では限界があります。水冷エンジンは冷却効率がいいので、同時に排ガスも空冷よりもクリーンになります。そしてエンジンは冷却水を循環させるためのウォータージャケットで覆われているので、騒音の面でも有利に働きます。空冷ならではのシンプルで味わい深いフィーリングや車重の軽さも魅力ですが(といってもこの821は私の空冷モンスターより軽いのですが)、時代の流れで水冷化は止む得ないということでしょう…とはいっても、デメリットは殆どありません。私は以前に同じエンジンを積んだ新型ハイパーモタードを試乗しましたが、乗りやすいし、パワーあるし、でもLツインらしいエンジンフィーリングはそのままだし、まったくもってデメリットを感じません。

 教会の営みも時代の流れと共に歩みます。たとえ時代の流れに逆らってでも変えてはならない部分はあります。でも、それはほんの一部だと思います。この大切な一部を変えてしまうと教会が教会ではなくなってしまいますが、多くは変えてもいい部分です。教会は何のために、そして誰のために存在しているのかを考える時、やはり変えてもいい部分は柔軟であるべきだと思います。

 ちなみに、このmonster821はドゥカティの中ではリーズナブルな部類です。軽自動車を買おうとする覚悟があれば買えないこともないです(笑)。でも、車検を取ったばかりの私には、まだまだ先の話であります…
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。