スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

互いに競い合うこと

 いよいよ東京モーターショーが今週の土曜日から開催されます。本当は行きたいのですが、新潟からはちょっと遠いですね。モーターショーには過去2回いきました。専門学校の研修旅行の時(さすが自動車整備科です)と東京に住んでいる時に一回行きました。いずれも平日だったのですが、開場時間から長蛇の列で会場内も激混みでした。いったい土日に行ったらどういうことになってしまうんでしょうか(笑)…


2007tms1.jpg
 2007のモーターショーに行った時の写真です。この人混みで平日の昼間です。

2007tms2.jpg
 ポルシェやフェラーリといった高級輸入車のブースはまさにすし詰め状態でした。きっと今回のモーターショーも世間の車離れが進んでいるとはいえ、同じような感じになるんだろうなぁ…


 さて、今回のモーターショーですが、プレス関係にはすでに公開されているようで、バイク部門のヤマハの方から「ついに来たか!」という展示がありました。


r25.jpg
 R25という車名になっています。いよいよヤマハにも250ccロードスポーツが登場します。まだ展示の段階でこのまま全く同じで市販はされないでしょうけど、かなりいい線いってます。ホンダ・スズキ・カワサキのヤマハ以外の国内3社はすでにロードスポーツはラインナップにあったのですが、ヤマハのロードスポーツは大型中心で普通二輪クラスはアメリカンやモトクロス系ばかりでした。唯一あったのがSR400ですが、SRはロードスポーツというよりは雰囲気を楽しむバイクですからね。

 他の3メーカーがこのクラスのスポーツモデルを販売して成功をしているので、ヤマハも「ウチは大型でやっていくのだからいいのだ!」とは言ってられないわけです。特に250ccクラスは車検がないので維持費が安く(点検が義務付けられていないので日常の管理をやらないと逆に高くつきますが…)、海外生産でコストダウンして比較的リーズナブルな車種も多いということで近年改めて注目されているクラスです。それに日本の法律では大型二輪は18歳にならないと取得できませんから、16歳17歳でバイクに乗りたいという人は必然的にこのクラスが中心となりますから、やはりなくてはならないカテゴリーです。

 二輪全盛期の時代の2ストのようなパワーを求める方々は、今の250ccクラスは規制が厳しすぎてはっきり言って役不足ですが、普通にバイクを楽しみたい人には魅力的なクラスです。ヤマハもついにそのクラスに参入してきたというわけです。昔は4メーカーがこのクラスに最新鋭の車両を投入してきましたから抜きつ抜かれつの大混戦で、魅力的な車種がどんどん発売されました。今回のヤマハの参戦で以前のようにメーカー同士が凌ぎを削り合いどんどん魅力的なバイクが出てきてくれればと期待します。


 一方、教会では、逆であると思います。互いの伝道の方策に魅力を感じたり、参考にしたり、他教会の方法から時代というものを感じ取ったりするということはあっても「あっちの教会がっやてるんだったらウチもやらないと置いてかれる!」とか「あそこの教会は教勢があんなに伸びているぞ!」とか比べる必要はありません。無関心ではいけませんが、競い合っていくものでもありません。神が一つひとつの教会に与えられた使命に従って忠実であればいいのだと思います。


 それにしても、これから250ccクラスがますます面白くなりそうです。

2013Ninja250.jpg
 すでに販売されているカワサキのninja250は文句なしにカッコよく、250ccクラス復活の立役者みたいな存在です。


2014cbr250r.jpg
 ホンダのCBR250も2014年モデルは1000RRをイメージしたような感じになり、一層人気が出そうです。


gsr250.jpg
 スズキのGSR250はゆったりした車格で、マッタリ乗りたい人にはよさそうです。さらにはスズキからもGSX-R250とか、フルカウルスポーツが出るのを期待します。


スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。