スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信仰生活の中のゆとり

 先週は夏期休暇をいただき、新潟→長野→群馬→埼玉→東京と何日かかけて南下していく旅をしました。金曜は私と妻がそれぞれの実家に子どもが一人づつ分かれて泊まり、日曜を挟んだので、土曜に群馬で宿泊して高崎市の教会で礼拝に出席させていただき、その日は埼玉の友人の家に宿泊させていただき、月曜は東京で結婚式と、ずいぶん慌ただしい中でも充実した休暇を過ごさせていただきました。

 長野から群馬に向かって行く途中の高速の途中で佐久平PAで休憩をしました。ここは冬になるとPAからスキー場のゲレンデに直結しているという面白い場所です。


sakudairaPA1.jpg
 PAから長いエスカレーターを登るとスキー場方面に行くことができます。写真は下りですが、この倍以上ある長いエスカレーターを登っていきます。高所恐怖所の人は後ろを振り返らない方がいいでしょう(笑)。


sakudairaPA2.jpg
 エスカレーターを登ると佐久平の景色を一望できます。もう18年ぐらい前になりますが、この東信地方に住んでいたことがあって、クルマ好き仲間と佐久平を眺めながら「こんだけ広ければサーキット作ればいいのに!」なんて話をよくしていました。今は、田んぼつぶしてまで作ってほしいとは思いませんけどね。

 長野県はサーキットが殆どありません。本格的に走ろうとするなら新潟の間瀬辺りまでこないとありません。実際、当時の友人はたまに間瀬まで出かけていました。それが今では家から間瀬サーキットまでは30分ぐらいで着いてしまうような距離です。当時の私だったら最高の場所なんでしょうけど、四駆のATのステーションワゴンに乗っているオジサンには、もはや無用の長物です。でも公道で危険走行するぐらいだったらちゃんとサーキットにいって健全にモータースポーツを楽しめばいいのだと思いますし(若い頃のことを棚に上げてすみません)、そうできるような環境作りも日本はして欲しいと思います。


 そういえば以前、バイクにサイドバッグを取りつけるためにマフラーの位置を下げたのですが、どうもそれがうまくありません。

 M90011.jpg
 これですね。ほんの2センチぐらい下げただけです。平気かと思ってみたら、走行中に不快な振動が発生するようになりました。しかもエンジンが暖まってからですので、排気熱の変化の微妙な具合が振動を引き起こしているようです。

 原因は、おそらく少し無理やり下げたことによってマフラーが固定され過ぎたのだと思います。下げる前はある程度ブラブラ揺れていたマフラーが、カチッと止まっていたのです。普通はその方がいいのではと思うかもしれませんが、マフラーには振動を逃がすためのある程度の遊びが必要です。その遊びが振動を緩和するのです。その為クルマのマフラーは、ゴムのステーで車体とつなげてあります。

 私もマフラーを下げた時、カチッとは止まっていたけど少しは遊びがあるから大丈夫だと思っていましたけど、純正の設計ってすごいですね。その少しの遊びの減少で不快な振動が発生してしまうぐらいのベストバランスで固定してあったのでしょう。じつは私のバイクのマフラーのステーはステップがカスタムされている関係で純正ではないのですが、上記の写真を見てもらえばわかるのですが、ステーの丸い穴を削って純正とまったく同じ角度と遊びになるように調整した苦労が見て伺えます。

 …ということでステーを元に戻して見るとやっぱり不快な振動はピタリとやみました。こうなるとサイドバッグとのクリアランスが心配ですが、荷物を満載にしてバッグを膨らませれば、クリアランスが広がって何とかなると楽観視しております。


 信仰生活にもゆとりや遊びは必要です。それは決していい加減に生きろとか、みことばを受け入れない時があってもたまにいいとかいうことではありません。罪につながらないようなことであれば趣味や遊びなどもある程度はないと疲れますよという趣旨です。

 以前、ある方がゴルフを伝道に用いられないだろうかというお話をしていたら別の方が「それは世の娯楽だ」と言わんばかりに露骨に嫌な反応を示されたことがありました。私はゴルフはしませんが、ゴルフは聖書的に罪ですか?違いますよね。クルマをカスタムするだけで「それはクリスチャンとしてどうなんだろう?」という方もいますが、違法改造や暴走行為をするわけでなければ別に構わないじゃないですか(バイクもね)。ちょっと贅沢をした話をするとすぐに「クリスチャンたるもの質素に生きなければ!」なんて反応をされる方もいますが、献金をないがしろにしているなら別ですが、与えられた範囲で楽しむことは罪ですか?神が悲しまれる行為ですか?違いますよね。

 みことばが求めていることを積極的に行なっていくだけであるといつか疲弊します。神は私たちに選択の自由を与えておられます。みことばがノーと言っていないのであれば、自分の好きなことをある程度行なっていくようなゆとりや遊びをもつことも信仰生活には大事であると私は思います。


スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。