スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「これで大丈夫!」のさらに一歩先を

 私はプライベートで泊まりのツーリングに行くことは殆どありませんが(というよりも行く機会が無い)、仕事の関係で年に数回程度ですがバイクで行って2、3泊することがあります。普段、ツーリングに行けないので、こういう機会に遠出をします。

 宿泊するとなるとバイクで一番の問題は荷物です。いつもは適当なバッグをリアシートにくくりつけて行きますが、荷物が落ちることはないのですが、やはり安定性の面では心配はあります。特にモンスターのリアシートは小さいですから…その為、結構頑丈に縛るので面倒であるということと、重量物がシートの上の高い位置にあるということで、走行安定性という意味で気を遣います。そこで左右振り分けのサイドバッグを購入することにしました。

 普通に名の知れたメーカーのものは最低1万円は出さないと買えませんが、通販で外国製のものであれば、3000円以下でもあります。取り付けてみないと分からないということと耐久性がわからないというデメリットはありますが、試してみることにしました。

 荷物が届いて、まずは使えそうかどうか取り付けてみます。


M90010.jpg
 取り付けは問題なさそうです。ただマフラーとの隙間がもう少しあれば安心かな。

 ということで…


M90011.jpg
 マフラーの位置を下げちゃいます。サイレンサーをとめているステーをホームセンターで適当に買ってきた長めのステーと交換します。これで数センチだけですが、マフラーの位置が下がります。なんとM900はこのボルト一本だけでサイレンサーが外れます。スリップオンマフラーの交換は左右合わせてもきっと10分かかりません。


M90012.jpg
 少しだけ隙間が広がったのでおわかりでしょうか。マフラーを下げなくても、このモンスターの純正マフラーの場合は、手で数秒なら触れる程度ぐらいにしか熱くなりませんから、大丈夫といえば大丈夫なんですが、万が一のこともありますし、大丈夫と思うさらにもう一歩先のところまで考えていく方が安心です。


M90013.jpg
 シート上はこんな感じになりました。モンスターはリアシートの部分が小さいのでバックルがどうしても前の方まで来てしまいますが、跨ってみたら…問題ありませんでした。私、短足なので、自動的にシートの最前部に座るようになるのでバックルは気になりませんでした(笑)。


M90014.jpg
 後ろから見るとこんな感じです。フラッシュ撮影なのでリフレクターが光っちゃてます。バッグにもちゃんとリフレクターが付いていていいですね。あとは耐久性は実際に遠出してみないと分かりませんが、まぁ、有名メーカー品の数分の一ぐらいのお値段ですからこれで十分満足です。


 自分で自分の弱さというものはある程度は分かっていると思います。だから、「ここから先は誘惑に負けてしまう!」というラインが人それぞれあると思います。でも、本当にそれでいいのでしょうか。「ここから先はダメだ」という予防線は「ここまでなら大丈夫!」ということにもなります。だから結構ギリギリの線までいってしまうのが私たち人間です。

 しかし、ギリギリのラインだと万が一、たった一歩でも踏み出したら即、誘惑に陥ってしまうということなのです。だから、「ここから先は…」というさらに一歩手前で踏みとどまることが大切なのではないでしょうか。お酒で罪を犯してしまう人は、お酒を控えるのではなく、飲まないようにする。また、異性に弱い人は、異性に手を触れないだけではなく、二人きりでいる時間を避ける等です。人それぞれ違いますから、今あげたのはあくまでも例ですが、大丈夫と思ってもさらにもうひと工夫が必要であるぐらい私たち人間は罪に対しては無力であることを覚えたいのです。





スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。