スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分への適用

 先日、買い物をして駐車場に戻るとFバンパーの左側に20cm四方ぐらいの大きな傷があるのを発見!なんじゃこりゃ!…と慌てて傷の場所をよく見ると深い線のような傷が何本も入っています。この状態からするとどうやら車のあて逃げではなく、何かコンクリートのようなざらざらしたような場所に擦ってしまったような傷です。

 …となると、私か妻のどちらかがどっかで擦ったんだろうということですが、二人とも身に覚えがありません。でも、コンクリートのような物体が駐車しているウチの車に擦るってことはちょっと考えにくいですから、きっと気づかない間に私か妻のどちらかがやってしまったということなのだと思います。

 バンパーなので、そのままでも錆びる心配はないのですが、結構広範囲で見た目が悪いので、何とかしようと試みました。板金屋さんは却下です。最低数万円はかかります。DIYですね。傷の線が下地までいって黒い部分まで露出しているので(それも何本も)、タッチペンというわけにはいかなそうです。パテ埋めして缶スプレーかな…


BP5001.jpg
 まずはパテ埋めです。見ての通り結構広範囲に傷がつきました。パテ盛る前の写真撮り忘れたので分かりにくいかもしれません…


BP5002.jpg
 次にヤスリがけしてパテをならして表面を平らにします。そしたら缶スプレーで塗装なんですが、じつが問題が一つありまして、このレガシィの「アークティックホワイトパール」というカラーはオプションカラ―の特別色らしくこのBP型のレガシィにしか設定されていない色のようで、なかな缶スプレーが売っていません。ネットで調べてもタッチペンはあってもスプレーはありません。そこで他社のホワイトパール系で近い色で試してみることにしました。ボディなら怖いですが、バンパーならいっかなと思って…ネットで調べると日産の「ホワイトパール3P」という色が近いということが分かり、これなら普通に売ってますので試してみました。


BP5003.jpg
 おお、意外に目立たないです(遠めだと…)。ただ、表面に段差ができてしまいました。結構念入りにヤスリがけしたつもりだったのですが、まだまだ平らではなかったようです。今度またいつか時間のある時に念入りにやってみようと思います。殆ど補修個所を分からなくしてしまう板金・塗装屋さんの技術はやっぱりすごいなぁと思わされました。


 さて、擦った犯人が私か妻かということですが、どちらか分からないんですから犯人探しは意味がありません。もっと大切なことはたとえ自分ではなかったとしても、このような傷がつかないように狭いところでは自分自身が注意するということだと思います。

 牧師をしていると、いろんな場所で日常生活の証しを聞く機会があります。「証し」とは、自分を通して神がどのように働いたかを話すことです。でも、時折、自分自身ではなく他人のことを話し始める人が結構います。「○○のようなことをやっている人がいて、それはみことばに照らし合わせてよくないと思いました」とか「以前、○○のような人がいて確かにこのみことば通りに注意しなければならないと思いました」とかです。私はこういう証しを聞くと??と思ってしまいます。

 みことばの説教や普段の会話で、こういう言葉が出てくるのはあると思いますが、証しは「自分」を通して神を示さなくてはならないのです。「他人のふりみて我がふり直せ」という言葉のごとくに自分自身への戒めとできればいいのですが、なかなかできないのが人の弱さです。「あの人が悪い!この人が悪い!」と他人の罪の分析をしたところで、自らの罪を受け止め、自分にみことばを適用しなければ何の意味もないのです。牧師は聴衆にみことばを適用させるように導く立場ですから、このことは特に注意が必要なのだと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。