スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅力を知ってもらう

 もうだいぶ昔ですが、初めて2ストレプリカに乗った時の思い出です。当時、私は免許は中型限定(400ccまで)しか持っておらず、普段乗っていたのが2ストとはいえども125cc、250ccは4ストしか乗ったことがありませんでした。そんな当時の私からすれば、2ストレプリカというのはかなりのインパクトを受けたことであります。

nsr250.jpg
 当時、売れに売れまくっていたホンダのNSR250Rです。私が乗ったのは当時、友人が乗っていた乾式クラッチ仕様のSEです。当時の2ストレプリカは今だと車種によっては大型バイクが買えるぐらいの値段だったのですが、それが売れまくっていたわけですから、バイク人気が今とは雲泥の差です。

 初めて乗る乾式クラッチを握ると「カラカラ」という乾クラ独特の音がします。今は、騒音の問題であれは無理だろうな…一昔前まで全車種乾式であったドカですら湿式に移行しているぐらいですからね。クラッチミートはちょっと気を遣うぐらいで意外にスムーズです。今乗っているM900の乾クラに比べれば全然扱いやすいです。乗車姿勢は今のスポーツモデルに比べればかなり前傾度が強いですが、当時はそんなバイクが多かったのであまり気になりませんでした。

 そしてスロットルをひねると「えっ!こんなにトルクあるんだ!」というぐらい力強く加速していきます。「2ストは下がスカスカ…」なんて噂は間違いだと思いました。125ccは確かにそんな感じですが、このNSRは4ストマルチの250よりも明らかにトルキーです。下がスカスカというのは初期の2ストの事だと思います。レットゾーンは確か12000rpmぐらいだったと思いますが7000~8000rpmぐらいですでに4ストの全開加速以上の加速感があり(あくまでも体感ですが)、それ以上は回しませんでした。ハンドリングもパタンと倒れる軽快なものです。最初は4ストマルチのつもりで倒しこんだら凄い倒れてひやりとしたぐらい軽いです。

 走り終えて持ち主の友人のもとに戻ってきて「速いね~!」と感想をのべると「どのぐらい回した?」と聞かれ「7000rpmぐらいかな…」と答えると「ハイ!もう一周行ってきて!8000rpm以上回さないと意味ないから!」と言われ、「えっ!これ以上がパワーバンド?」と思いつつ、今度は回しきってみることにしました。そして8000rpm以上に差しかかると…「スコーン!!」と今まで体験したこともないようなワープするような加速感です。ナルホド!と友人の言った言葉に納得しました。その友人、二輪免許保有者には積極的に運転させていましたが、普通は人に自分のバイクを乗らせるのは嫌がるのですが、乗ってみて納得しました。2ストレプリカの魅力を知ってほしかったのでしょう。

 大型のSSを体験している今の私でも、2ストレプリカの加速感は魅力があります。125ccの2ストが普通の車を置き去りにできる加速だとしたら、250ccの2ストレプリカはスポーツカーを置き去りにできる加速です。だって、ちょっと遅い車を一台抜くために追越しかけただけで、ぬうわキロとか出ちゃうんですから(今はそんなことしませんよ)、今の250ccクラスでは到底考えられないようなパワーです。

 4年ほど前でしょうか、再びバイクに乗ろうと250ccクラスの中古バイクを物色していると、同じお店に珍しいものがあったんですね。

rs250.jpg
 アプリリアのRS250です。イタ車です。イタ車とは言ってもエンジンは日本製で、スズキの2ストレプリカのガンマのエンジンを積んでます。当時の国内の2ストレプリカは45馬力でしたが、このRS250は、フルパワー仕様になっていてなんと70馬力を絞り出します。じゃあ、自主規制がなかったらNSRはもっと速かったのか??あれ以上のパワーってどんなんだろう??…と昔の2ストレプリカの思い出がよみがえってきました。しかもお値段も予算内…

 結局、ランニングコストの関係で4ストマルチのCBRにしました。2ストは燃費悪くてオイル代もかかりますからね。でも、今思えば、RS250に乗ってたら、そのパワーに満足して大型免許取ろうとは思わなかったかもしれませんから、これで良かったのだと思います。

 「とにかく乗ってみれば魅力がわかる!」…当時の友人の発想は、福音宣教に通じるものがあります。いくら口で教会の魅力を説明しても来てもらわないことには、その人が救いに導かれるというのはなかなか難しいものです。私たちの伝道は人集めが目的ではなく、救いに導くことが目的ですが、まずは来てもらわないことには始まりません。たとえ個人伝道でその人が神を信じても、教会に来なければ本当の意味での信仰を持つことはできません。

 「とにかく来てもらわなければ!」…この発想は結構皆が思っていることですが、私たちが注意しなければならないことは、来てもらった時に、ちゃんと「教会は素晴らしいところだ!」と思っていただけるような受け入れ体制がなければなりません。そのことで私はいつも二つのことを思っています。

1.まず、クリスチャン自身が教会生活に喜びがなければならない
 「とにかく教会に来てみて!」と言っている自分たちが教会生活に喜びがないようであるならば、他の人が教会に導かれても喜べるはずもありません。まずは自分たちが喜んで主に仕えていく姿がなければなりません。故に、未信者に向かって教会の不満を漏らすなんてことは絶対にあってはならないことです。

2.教会の魅力は牧師だけではなくキリストのからだである皆で伝えなければならない
 牧師が新来者求道者を導いていくことは大切ですが、すべてのことを牧師ひとりでなしていったら、あるいは牧師自身に魅力は感じてくれるかもしれませんが、教会に魅力を感じるかどうかは別の問題です。そうやって人を導くと、キリスト教ではなく「牧師教」になってしまいます。これは牧師側でも注意が必要です。教会の皆が救われるべき一人のために心を注いでいくのならば、それは牧師個人ではなく、キリストのからだそのものへと結びつけることができるのです。

 これは開拓期の教会が特に注意しなければなりません。人数が少ないからと言って牧師ひとりで人を導くということの全てをやってしまうと、教会が成長していざ牧師一人では無理であるという人数になったとしても「それは牧師がやるもんだ!」という認識が強くなって、なかなか「皆で」とはならないのです。「とにかく教会に連れてくればなんとかなる!」…それは牧師がなんとかするのではなく、キリストのからだなる教会の皆がなんとかするとなってこそ「なんとかなる!」と人々を導けるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。