スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輸入バイク

 昨日は、とある輸入バイク店で中古車フェアをやっているということでう「見に」行きました。お金を落とさない客ですみません。輸入バイクならここです。ハーレー、BMW、ドゥカティの3店舗が一か所にあります。本当は国産車の方が好きなのですが、2気筒にすっかりはまってしまい、それ以来、4気筒中心の国産車よりも2気筒が充実している輸入車に目が行くようになりました。でも、国産で魅力的な二気筒が出たら、やっぱりそっちのほうがいいかな…

 お店に行ってみると、フェアということもあって、駐車場も使って、多くの中古車が展示してあります。正規ストアーですので、店舗内には最新の新車も展示してあり、じつに癒されます。妻と子どもにお店の中の子ども用スペースに行ってもらって(ごめんなさい…)、私はじっくりとバイク見物です。昔はバイク屋というとバイク好きの男性しか立ち寄れないような、ごちゃごちゃとした雰囲気のイメージですが、最近は違いますね。店内はじつにきれいで、おもちゃや絵本などもある子ども用スペースがちゃんとあります。まぁ、輸入バイク店ということもあると思いますが…

 お店の外では街中ではあまり見かけない輸入バイクがズラリです。初めて現車を見るものも数多くありました。

675.jpg
 こちらの昆虫のような顔立ちのバイクは、トライアンフというイギリスのメーカーの「スピードトリプル」です。その名のごとく、3気筒という個性的なエンジンで、2気筒の低速トルクの太さと4気筒の高回転のパンチとのいいとこ取りをしたような独特なフィーリングだそうです。でも、3気筒いいとこ取りだというのに多くのメーカーが採用しないのは、やっぱり器用貧乏的な感じなのかなぁと想像します。でも、3気筒のフィーリングというものを味わってみたいですね。


 R1150.jpg
 こちらはBMWのR1150です。バイクにしては珍しい水平対向エンジンです。これはトライクに改造してあります。トライクとは最近増えてきている三輪バイクのことです。なんといっても一番の特徴は二輪免許を持っていなくても四輪の普通免許で乗れるということです。車重はかなり重くなりますが、それでも車と比べたら超軽量級です。リッタークラスのトライクともなるとかなり豪快な加速が味わえると思います。峠を攻めたりとか興味ないけど風を切りながらバイクならではの加速を味わいたいという人はいいかもしれません。維持費も車より安いですしね。

 ちなみにトライクはヘルメットの着用義務はありませんが、命が惜しかったら必ず着用するべきでしょう。停車中に転ばないってだけの話であとは普通のバイクと同じで、からだむき出しですからね。たとえ普通のバイクよりも重たくとも車とは比べ物にならないぐらいの加速をしますから、原チャリライダーがよくかぶっている半キャップもやめた方がいいです。たとえ原チャリも半キャップはどうかと思いますが…この辺は個人的に法改正をすべきであると思います。


SB1098.jpg
 そしてドゥカティのスーパーバイク1098です。やっぱりカッコいいです。現行の1199パニガーレからすると二つ型遅れなんですが、全く古さを感じさせません。スーパーバイクのモデルチェンジサイクルが早いということもありますが…すぐにサーキットでも走れるんじゃないかと思うぐらいのハイグリップタイヤに、かなりキツめの前傾ポジション、カチンカチンのシート等、走り重視で妥協がありません。10年若かったら乗りたいですね…ちなみにその奥にあるハイパーモタードは興味あるバイクですが、シートが私の腰の高さぐらいあり、ちょっと無理ですね…イタリア人と日本人の平均身長のさが出てます。

 正規ストアーはたとえ中古車でも保証やメンテナンス技術の面で安心ですが、やっぱり工賃はちょっと高めですし、中古は比較的高年式のバイクしか扱っていないので(古いバイクは保証面で心配なので店側もあまり売らないのでしょう)、結構値段が高めです。やっぱり、普通の中古屋さんで、ちょっと古めのバイクを探すのがいいかな…

 う~ん。どういつものように結びつけようか今日は思い浮かばないので、今日はこれまでにします。 

スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。