スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆとり

 私は、バイクを運転する時は(車もですが)限界走行はしません。わりとマッタリ乗ります。超安全運転です!(ホントか?)交差点もローギアまで落としてゆっくり曲がります。峠行って攻めたりもしません。そもそもバイクの限界を引き出すような技術がないということがあります。そんな情けない走りなので、タイヤが凄いことになってます。

Rtire.jpg
 Rタイヤの端っこ数センチはピカピカしていて新品同様です。

Ftire.jpg
 Fタイヤにいたっては全体の3分の1ぐらいがピカピカです。

 それだけバンク角が浅いということです。バイクは旋回速度が大きければ大きいほど遠心力に負けないようにバイクを倒さないと曲がりません。だからバイクのタイヤは車と違って丸っこくなっています。タイヤの端っこが使われていないということはそれだけ遅いコーナリングだということです。

 特にドカのようにVツインエンジンは軽量でコンパクトなのでいとも簡単にパタっと倒れます。ある程度以上の速度でのコーナリング時には優位に働きますが、進入速度の低い街中の交差点みたいなところで不用意に倒そうとすると私みたいなヘタッぴはいっきに車体が倒れて大変なことになる場合があります。だからバンク角が浅いのです。昔、軽量コンパクトの代表みたいなNSR250に乗っていて何も知らずに4stマルチエンジンのつもりで車体を倒したらエライ目にあったことがあります…

 step.jpg
 そんなヘタッぴ運転なのに何故かバックステップを装着しています。これ、買ったときに既に交換されていたんです。バイク好きが傍から見ると「ドカティに乗ってバックステップにしてタイヤの状態がこんなんかよ!」と言われてしまいそうです。CBRに乗っていた時はスーパースポーツに乗っていながらタイヤを端っこまで使わないと何か恥ずかしいような感じがしたので(実際にそういう人を非難する人もいます)、結構、ガンバっていましたが、今ではそんな無駄なこともしなくなりました。

 私がよく言うことですが、別にいいじゃないですか!本人が満足していれば!…半分ヘタッぴのいいわけですが、半分は本音です。それにタイヤを端まで使う運転って結構な速度域ですよ。そもそもリスクがありますしね。Uターンやスラローム走行なんかすれば端まで使うんでしょうが、そんなシチュエーションは普通はたまにしかないですよね。

 世の中では「予算や人材は使いきらないともったいない!」なんていう人がいるかもしれませんがはたして教会ではそうでしょうか?そうではないと思います。100%活用できないことはゆとりと取るべきです。そのようなゆとりがないと、いざ100%を超える働きが必要となった時に手が回らなくなるのではと思います。

 たとえば私たちの教会は教会学校の子どもたちの平均出席数よりも教師の数の方が多いです。それを「もったいない」と捉える人がもしかしたらいるかもしれませんが、私は人を導くことよりも導く側の受け皿を準備する方が先だと考えます。仮に今よりも奉仕者の人数を減らすと、いざ突発的に人数が多めになったら対応できなくなってしまいます。むしろもっと奉仕者が与えられればと思っています。

 私自身の働きも同様です。教会がいでいくつか対外的な奉仕をさせていただいておりますが、私は、ある程度のゆとりがあるべきだと考えます。だからこれ以上、対外奉仕が増えないように気を付けています。今の状態でもたくさんやり過ぎているのではないかと心配してくださる先生方がいるぐらいです。

 昔の教会は牧師も信徒も身を粉にして奉仕をするべきだとの雰囲気があったと思いますし、またそれも尊いものだと思います。そういう姿勢も大切ですが、本当に身を粉にしていたら文字通り「粉」になってしまいます。教会というところは牧師も信徒もゆとりがない自転車操業のようなことをするべきではありません。特に信徒の方々は他に仕事を持っておられる方々が殆どなわけですから、あまり教会の行事や活動がぎゅうぎゅう詰めになっているのもどうかと思います。ゆとりがあってこそ(あり過ぎるのも困りますが…)いざという時に対応ができるのです。もし「そうは言っても無理しないと教会の活動が進まない…」というのであれば、厳しい言い方ではありますが教会の活動そのものを縮小することを考えるべきでしょう。教会は「礼拝」を中心とし、そこから各々の力量に応じて働きをなしていくべきであると私は思います。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。