スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似て非なるもの

 私の乗っているモンスター900には非常に似ているデザインのバイクがあります。それはホンダのVTR250というバイクです。

m900_93.jpg
こちらがドゥカティのモンスター900です。

そして…
VTR250_98.jpg
こちらがホンダのVTR250です。

 マニアに言わせれば「フレームが違う!」とか「エンジンがV型とL型で全然違う!」とか「FブレーキがVTRはシングルディスクだ!」なんていうのでしょうし、私もバイク好きなので間違えるということはありませんが、あまり詳しくない人からすれば同じバイクに見えるでしょう。ちょっとバイクを知っている人でもモデルチェンジした同じバイクだと思うかもしれません。似すぎです!初期型はバイクのくせにタコメーターが無いなんてところまで一緒です!ちなみにモンスターが発売されたのが1993年で、VTR250が発売されたのが1998年なので、「世界のホンダがドゥカティのデザインをパクった!」とも言われたりもしている可哀そうなバイクです。

 しかし、このパクリ疑惑、半分は正解で半分は不正解です。じつは、このモンスターのデザイナーであるミゲール・ガルーツィ氏は一時期ホンダにいたことがあり、その間にVTRの基礎となるようなデザインを残していったようです。その後、ミゲール氏はカジバに移りモンスターをデザインしたというわけです。ちなみに当時のドゥカティはカジバの傘下にありました。今はたしかアウディの傘下に入ってると思います。

 ということで真相は、ホンダがドゥカティをパクったのではなく、VTRの基礎のデザイナーとモンスターのデザイナーが同一人物だったというわけです。そりゃデザインが似ますよね。おそらくフルカウルのスポーツバイクが中心であった当時のドゥカティからすれば非常に前衛的なデザインで、当時の「ドカマニア」からは「こんなのドカじゃない!」と反感を買いました(今でもモンスターシリーズをドゥカティのバイクと認めない一部の熱狂的なマニアがいます)。それ故、ホンダも「こんなデザイン売れるわけがない!」と思ったのでしょう。しかし、結果的にはモンスターシリーズは大ヒットして、今ではドゥカティの中で一番の販売台数となっています。察するにその売れ行きを見てホンダが慌ててミゲール氏のデッサンを持ち出して、それをもとにVTRを発売したという流れでしょう。

 でも、いくらデザインが似ていても、乗ると全く違うバイクです。排気量が違いますからパワーはモンスターの方が圧倒的に上です。しかし、乗りやすさはVTRの方が圧倒的に上でしょう。誰でも乗りやすいVTRに対してピーキーな性格のモンスターは少々手こずります。似て非なるバイクですね。だから、VTRに乗っていた人がステップアップを考える際、デザインが似ているというだけでモンスターは選んではいけません(特に初期型)。現行モンスターはだいぶ乗りやすくなっていますが、それでもやはりVTRとは違います。

 似て非なるものであるからこそ注意が必要なんです。これは信仰においても同様です。私たち福音的立場の教会は、あくまでも聖書信仰を貫きます。それ故、「なんでそんなに他の立場を受け入れないの?ちょっと教理がちがうだけじゃん!」というご批判も受けたりします。しかし、似ていてもやはり別であるのです。神のことばは100%正しいから信じられます。たとえ誤りがたった1%であったとしても、その時点で残りの99%に確信が持てなくなってしまいます。

 ブランド品の偽物は何故、出回るかというと本物と似ているからです。明かに違うと分かるような品質の低い偽物は出回りません。出回ったとしても「これは偽物です」という認識で皆さん購入するのだと思います。しかしいくら似ているからと言っても、たとえどんなに本物と見間違えることがあったとしても、本物として認定されることは決して許されません。違う部分が多ければ多いほど見分けがつきます。注意しなければならないのは似ている場合なのです。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。