スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教会はキリストのからだ

 久しぶりに更新します。
 今週のはじめに実家に帰りました。妻が里帰り出産を控えていたからです。あっ、ちなみに私と妻は郷里が一緒なので、お互いの実家に寄ることができるのです。よく夫婦の実家が違う県だったりすると、1年おきに交代でお互いの実家にいったりするそうで・・・お互いの実家が近いと助かります。しかも、高速道路を使えば2時間で着く距離なので、非常に便利です。

 さて、私達夫婦の故郷は長野県ですが、私達の出身教会も長野県の同じ教会です。私達にとっての故郷の教会であるわけです。しかし、出身教会へ帰るには、当然日曜日に行かないと、会えるのは牧師達ぐらいです。でも、休みの日に実家に帰るのとは違い、出身教会へ「たった2時間だから・・・」と言って、気軽に日曜日に帰るわけにはいかないでしょう。帰るとしたら、休暇の時か、何か特別な出来事があったときぐらいでしょう。

 何故、気軽に帰るわけにはいかないかというと、もちろん私は牧師なので、自分が遣わされている主日礼拝をそうそう簡単に穴をあけるわけにはいかないという責任もあります。でも、じつはそれ以上に大切なことは、牧師だからではないのです。それは教会が「キリストのからだ」であるからです。つまり、わたしが「キリストのからだ」というこの教会に遣わされている以上、わたしは、そのからだの器官の一部であるわけです。たとえば週代わりで、違う体の臓器になんでなれないですよね。私はこの教会というキリストのからだの一部として神様によって導かれたわけで、遣わされたところで精一杯神様に仕えるべきだと思うのです。

 もちろん、引越しで教会を移ることや、旅行で違う教会の礼拝を守ることだってありますが、そういうことが問題と言っているわけではありません。「転籍を絶対に認めません!」ということでもありません。あくまでも「キリストのからだ」という、どこかの教会に重荷を持ちながら、他の教会に重荷を持つべきではないということなんです。つまり、遣わされた場所で仕えるということが大切なんです。だから私は、たとえ私が過去に出身教会の一員であったとしても、その教会の働きに重荷を負ったり、口を出したりすることはしません。だって、それはもう「違う」キリストのからだなんですから。


「あなたがたはキリストのからだであって、ひとりひとりは各器官なのです。」(Ⅰコリント12:27)
「教会はキリストのからだであり、いっさいのものをいっさいのものによって満たす方の満ちておられるところです。」(エペソ1:23)

 ちなみに聖書に記されているこれらの手紙は「実際に存在する一つひとつの教会」に宛てた手紙です。私たちがやがて一つとされるクリスチャンすべてが含まれる御国の教会のことではありません。だって、天国に行ったら問題なんて何一つないんだから手紙で問題の指摘をする必要がないんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。