スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔改めは方向転換です ーその2-

 先日、「柏崎刈羽原子力発電所の稼働に関する新潟県民投票条例」制定の請求書が提出され、県議会で討議された結果、否決されました。政治的思惑もあるのだと思いますが、そういったことを抜きにして私は「現時点」で否決されたことは良かったと思っています。念のために言っておきますが、私が原発賛成派だからではありません。どちらかと言われれば反対であると答えるでしょう。しかし現時点の情報で賛成か反対かの二者択一を迫るのは、あまりにも乱暴であると私は考えます。

 絶対反対の方もいれば、「雇用と経済的な問題がクリアされれば」とか「核燃料の処理問題をはっきりとさせた上で」という条件付きの反対の方もいることでしょう。賛成側も「まだ日本には原発は必要だ!」という絶対推進派の方もいれば、「安全性さえ徹底すれば稼働も止む得ない」という条件付きの賛成の方もいます。「いずれは原発に頼らなくてもいい発電方法になればよい」という緩やかな賛成の方もいることでしょう。原発を考えるにもある程度の専門知識は知らなければなりませんから「まだ判断できない」という方もいると思います。このようなさまざまな民意を白か黒かで判断するのは現時点では困難です。国民皆が原発についての学びがまだまだ必要なのだと思います。それから県民投票を行なえばいいのだと思います。

 そのような中で、今までの原発電力の利用を短絡的に罪と定め、悔改めを促したり表明したりするクリスチャンやキリスト教団体が数多くあります。その方々に問いたいのですが、本当にそれでいいんですか?その表明が多くの兄姉を傷つけている可能性もあることに気づいていないのですか?私はいつも複雑な気持ちになります。以前にも掲載をしたと思いますが、罪と定め、悔改めるということは、方向転換をする覚悟があってこそであり、悔改めを表明したからには、今後、原発が再稼働されたならば、一切原発によって発電された電力は使用しないで、原発の電力によって作られた物は利用しないという覚悟がなければなりませんが、「罪であったから悔改めます!」といいう皆さん、そのような覚悟はおありなのでしょうか?私はそんな覚悟がありませんから、原発に頼らない世の中になって欲しいと思いますが、「悔改めます!」なんて言えません。

 この新潟県は刈羽原発があります。停止中ですが、原発からある程度の範囲内の家庭には給付金が東電から配布されます。その範囲内には多くのクリスチャンがいて、教会やキャンプ場もあります。たとえそのお金の受け取りを辞退しても原発が消えてなくなるわけではありません。「原発=罪」という考え方はそのような人々に対して「お金受け取ったら罪だよ!」と言っているようなものです。関電はすでに再稼働されている原発もあります。関電圏内の人々は、たとえ原発の電力を使いたくなくても使わざる得ないのです。関電圏内のクリスチャンは「罪を犯し続けるけしからん人々」とでもいうのでしょうか?またその論法だと東電の社員でクリスチャンの人は生活を捨てでも辞めなければならないということになるでしょう。本当に今言ったような事柄も考えて「悔改めます」なのでしょうか?

 今の世の中、電気なしで暮らすのは不可能です。原発を悔い改める声明文だって、どっかで電力に頼らなければ出せないんですよ。まさか一枚一枚手書きしている人なんていないでしょうし、たとえ印刷に頼らず手書きで何千枚もの声明文を書いたとしても紙やペンも電力なしでは製造できません。賛成反対に関わらず、原発が再稼働されれば、その電力を直接的にも間接的にも使わざる得ません。どちらが正しいかという問題ではなく、それが現実です。つまり「原発=罪」論法だと、同じ罪を犯す可能性がありながらのうわべだけの意味のない悔改めとなりかねないのです。だから私は反対することがいけないといっているのではなく、簡単に「罪です!」「悔改めます!」なんていってほしくないというお話しです。

 最後に、福島第一原発の事故の収束が一日でも早く訪れると共に、被災された方々の生活が守られることを神に祈る者であります。そして今後は、エネルギー政策において、原子力によらない社会が実現するように祈るものでありたいと願います。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。