スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防線

 我が家のレガシィが故障しましてただ今入院中です…といっても1、2日で退院ですけどね。

 最近、たまにハンドルにミョーな振動がある時がありまして、そのような時は外に出ると何やらブレーキパッドが焼けた匂いがします。もしやと思ってブレーキ回りを除くと左前のホイールがお肉が焼けそうなぐらい熱くなっています。もしや…が確信に変わりまして「これはブレーキ引きずってるな…(ブレーキを離してもブレーキが弱く効きっぱなしということ)」と思い、家に帰ってさっそく点検です。

 ジャッキアップして左前のタイヤ外し、ブレーキパッドやキャリパーをチェックしました。やっぱり火傷しそうなぐらい熱くなってます。キャリパーを外して、ちょこっと清掃だけして再び組み付け…何とかタイヤが回る状態になりました。本当はオーバーホールしたいんですが、家にある工具だけだと出来ませんので、とりあえず様子を見ることにしました。

 今週、再び症状が出まして、今度はエンジンブレーキが強くなったような感じがしまして「これはもう駄目だな…」と思ってスバルに直行です。点検してもらって、やっぱりブレーキ引きずってました。しかももう、キャリパーのピストンが固着して動かない状態だとのことです。オーバーホールでいけると思ったので、ちょっとショックです。交換するんだったら、家の工具の範囲でもできるのですが、見積もりを見ると8割以上が部品代でしたから、自分でやってもあまりお得感がありませんし、ブレーキ周りのことですから、ディーラーさんにお願いすることにしました。それに私も現場を離れて早10年以上経ちます。過信は禁物です。

BP5.jpg

 写真の①がブレーキキャリパーです。ブレーキペダルの圧力がブレーキ液を介してキャリパーに伝わり、キャリパー内のピストンが押されて③のブレーキパッドで②のローターを挟み込みます。ブレーキ引きずりの原因は大抵はピストンの中のゴムの部品が劣化したことによってピストンが押されたまま戻らなくなることが多いです。私の車の場合は完全にピストンが固着してしまっているのでキャリパーごとの交換が必要らしいです。私が自分で分解して点検した時もなかなかの錆び具合だったので、錆びも影響していると思います。以前、長野で乗ってたスープラは、過酷な乗り方で19万キロも乗ったにも関わらずキャリパーのピストンがあんなに錆びていることはなかったです。恐るべし新潟!

 ブレーキ引きずってたのでローターも偏摩耗してしまったので交換です。ブレーキパッドも当然のことながら左側だけ減ってしまったので交換です。右側のブレーキ回りも、今のところ引きずりはありませんが、左側と近い状態だと考えられるので、予防整備で、左側と同様の整備依頼をしました。おかげで、凄い金額の出費になってしまいました(泣)…仕方がありません。ブレーキ回りはケチると命に関わりますからね。

 「お金に余裕のある時に…」といって後回しにすると、ただブレーキパッドが減ってハンドルに振動が出るだけではなく、摩擦熱によってブレーキ液が沸騰してブレーキが効かなくなるベーパーロックが起きる恐れがあります。「これぐらいは…」といって放っておくとあとで大変なことになります。

 信仰生活において誰しも改善すべき点があると思います。「そんな必要はない!」なんてクリスチャンは存在しないでしょう。しかしその内容によっては「今は無理だから、これぐらいはいいよね…」と言って改善を後回しにすると、後で戻れなくなってしまうということも多々あります。私自身、そのような兄姉をたくさん見てきました。

 性問題に詳しいある先生が「皆さんは道路で例えると一般道を自由に走ることができます。進むことも引き返すこともできます。しかし、一度高速道路に入ると前にしか進むことはできません。流れていく速度も一般道よりも早いです。もし、準備のないままに高速道路に入ったら、取り返しのつかないことになります。だから一般道にいるうちによく学び、成長していくことが大切です。」とおっしゃっていました。これは罪全般に関して言えることであると思います。罪に対しても取り返しがつかなくなるような予防線を張っておいたり成長していくことは大切なことであるのです。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。