スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法の下の自由

 いよいよ雪の季節が到来です。新潟市はまだ大したことありませんが、昨年は大雪でまいってしまいましたのです、今年は昨年よりはマシだといいなと思っております。

 雪は車にとって大敵です。たとえ4WDに乗っていても、走る方はともかく、ブレーキは一緒ですからやはり気を使います。また、たとえ4WDでもRV車のように車高が高くない場合はいっぺんに降ってしまうときついです。逆にわざわざ車高を下げている車は、余計キツですね。タイヤがフェンダー内にかぶさっているような極端なシャコ短車も見かけますが、おそらくあれは違法改造でしょう。この時期は除雪車と化してしまいます(笑)。ゴクロウサマデス…

 でも、改造の全てが悪いわけではありません。改造=違法という偏見をお持ちの方も多いです。私もバイクに乗っていて「まさか改造していないでしょうね?」とあるクリスチャンの方から言われたことがあります。クリスチャンが車を改造してはいけないのでしょうか?まったくもって偏見に満ちた発言です。私が自動車整備士時代は愛車スープラをかなりいじりまくりました。偏見をお持ちの方からすれば「クリスチャンのクセになんて車乗ってるんだ!」となることでしょう。しかし、私は職業柄、違法改造は一つもしていません。だって、従業員がそんな車乗ってるのがお役所にバレたら一発で指定工場の認可が取り消されますからね。

 今だって車は改造したいです。お金かかるのでやりませんが…まぁ、車高落としたり、マフラーを五月蝿くしたりはしないと思いますが、それはクリスチャンとしてモラルに反しているからではなく、ただ単に家族がいる場合、乗りにくくなるの嫌だからです。だから一人で乗るバイクはプチカスタムぐらいはしてありますし(というよりも買った時にすでにいじってあった)、これからもある程度はいじりたいとは思っています。車ほどはお金かからないですからね。もちろん法律の範囲内で…まぁ、二輪の騒音規制だけはバカげた厳しさですが、あとは4輪2輪含め、良識の範囲内の法律だと思います。なので、人に迷惑をかけるようなレベルの改造はだいたい違法でしょうね。

 私たちクリスチャンには、従うべきみことばが示されています。しかし、それは自由を得るためだと思います。みことばを拡大解釈して必要以上に律法的に捉えたり、範囲を狭めたりするのはみことばにあっての自由を奪う行為です。もちろん、みことばの基準を下げる方向に拡大解釈して自由すぎるのもあってはならないですが、本来は自由であるはずのクリスチャンがみことばに縛られるような生き方をしてはいけません(みことばに従わなくてもいいという意味ではないので勘違いしませんように)。

 そういえば昔はドラムとかエレキギターとか「悪魔の楽器」なんて言われた時代もありました。それってただの偏見でみことばで説明ができなかっんでしょうね。だから今は普通に用いられます。だってみことばから「それが罪である」なんて解釈はできないですから。

 聖餐式のぶどう酒の問題もそうです。私たちの教会は未成年やアルコール依存症であった方が万が一いた場合、あるいは礼拝帰りの車の運転等の配慮としてぶどうジュースを使用していますが、これを「酒=罪だ!」という理由でぶどうジュースを用いるのはどうかと思います。そういう人はお酒そのものを断罪し、あのイエス様のカナの婚礼はぶどうジュースであったという詭弁を語ったりします(笑)。しかし「改造=違法改造」というように「酒=罪」と語るのは早計ではないでしょうか。もちろんお酒は飲まないに越したことはありませんが教会での言い方には配慮が必要なのです。

 みことばのもと、自由であるべきものと従うべきもの、配慮すべきもの等、知恵を用いながら考えていくものでありたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。