スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「理想」って何?

 最近、日産ノートがモデルチェンジをして「エコスーパーチャージ」なる武器を送り出しました。少ない排気量のエンジンをスーパーチャージャーで補うという発想です。私は、日本もやっとその発想になったか…と思いました。

 スパーチャージャーやターボチャージャーは、普通は注射器のような負圧の原理で排気量分しか取り込めない混合気(ガソリン+空気)の自然吸気エンジンに対してタービンなどを回して排気量以上の混合気を送り込み、出力アップをはかる仕組みです。今まではより高出力を求めるスポーツカーや排気量制限がある軽自動車等の搭載が中心でした。

 しかし、ヨーロッパの方では早くから、排気量を小さくして、その分、過給機で補おうという、いわゆる「ダウンサイジング」が進んでいます。その方が同じ出力で排気量を大きくするよりも燃料消費が少なく、エコであるというわけです。その分野ではフォルクスワーゲンが有名ですね。日産もVWと構造は違いますが、ダウンサイジングの発想にいったと期待したいわけです。他のメーカーもどしどし小排気量+過給機という組み合わせの車を発売して欲しいものです。

 じゃあ、その発想が本当にエコならば、何で日本で広がっていないかというとこれは、世間の「偏見」というものが影響の一つにあると思います。皆さんは「ターボ」とか「スーパーチャージャー」と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか?多くの人は「過激」とか「ガソリンの無駄」とか「そんな高出力はいらないだろ!」と言った意見が多いと思います。

 しかしそれらは全て偏見です。確かに過給機は設計の仕方如何で扱えないような高出力を生み出し、その分、多くの燃料を消費したりします。しかし、それは今まで、もともと性能重視のスポーツグレードの車に搭載していたので、過激な味付けにされているわけです。本来はさほど燃料消費に違いはないのです。最近、我が家の車を買い換えまして、ターボ付きになったのですが、普通に走っていればノンターボと燃費は殆ど変わりませんし、高出力の分、高回転域まで踏み込む必要がないので、高速道路等は、同じ車のノンターボグレードの燃費を超えることもあるぐらいです。実は燃費に大きく影響するのは排気量と車重です。過給機の有無は普通に乗っている分にはあまり影響はありません(山道等をぶっ飛ばすのが好きな人はダメだと思いますが)。

 ということで小排気量+過給機という組み合わせはエコが言われる時代にあって理想的であると思います。

 教会の理想ってなんでしょうか。「これはダメで、あれは良くて…」というようなことが教会が変わればそれが逆転してしまったり…などと非常に難しいものであると思えます。しかし、一つ言えることは教会の理想は「伝統」とか「個人の偏った考え」とかで生み出されるものではないはずです。それらの「偏見」を取り除く時、そこにはフィルターのかかっていないみことばの真理が映し出され、「自分の理想」ではなく「神の理想」としての教会が生み出されていくのではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。