スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクキャンプ?

 先日、私が関わっているバイブルキャンプのキャンプ委員会がありました。バイクで行くとO先生もいつも通りバイクで登場です。O先生はいわゆるビクスク(排気量の大きいスクーターのこと)で、私ももう一台所有できるなら収納力もあり、運転が楽チンなビクスクがいいと思っています。しかし、どうしても有段変速のダイレクト感が好きで一台しか所有できないとなるとスタンダードなものとなってしまいます。

 ホンダから発売された「インテグラ」(車じゃありません)はスクーターのように自動変速で両手ブレーキでありながら(普通のバイクは後輪ブレーキは右足です)、有段変速であるというデュアルクラッチトランスミッションを採用していてダイレクトな変速が可能だそうでちょっと興味が湧きます。ようはスクーターでありながら(厳密には違いますが)、有段変速のトランスミッションを積んでいて、バイクの方で自動でクラッチや変速操作をしてくれるという優れモノです。もちろん、自分の意思でのシフトアップダウンも可能です。

 バイクは過去の暴走族全盛期の時代に、バイクを乗らせない、免許を取らせない、買わせないという「三ナイ運動」が影響し、「バイク=危ない・野蛮」というイメージが先行してバイクの国内販売台数は減少の一途をたどっています。今は海外輸出がメインです。国内バイクの4大メーカーといえば「ホンダ・ヤマハ・スズキ・カワサキ」ですが、それがそのまま世界のトップ4です。なのに肝心の国内が不振…とは非常にもったいない話です。最近は国内メーカーも徐々に海外生産に移行しつつあります。これはコストの問題もありますが「日本になんてとどまっていてもどうせ売れないから」というグローバルな視点での判断です。「メイド・イン・ジャパン」の世界に誇れる技術を守りたいという意見は国民の誰しもが持っていますが、実際に需要がないとどんどん技術が海外に流出していきます。これはどの業界であれ一緒です。

 特に自動車業界は日本経済の屋台骨です。自動車業界の浮き沈みは、そもまま下請け企業にも広く影響します。最近の自動車業界不振も実は「エコの時代だから」が理由ではありません。車が楽しみではなくただの移動手段として考える人が増えているからです。昔もそういう人もいましたが、車を楽しみと考える人は今よりも遥かに多くいました。若いころにバイクに興味を持つと十中八九車に興味を持つことになります。つまり自動車業界の活性化につながり、日本経済の活性化につながります。これは私見ではなく冷静な判断でもそうです。

 にも関わらずバイクの締めだしが続いていて、規制は年々厳しくなる一方です。騒音規制なんて電車の通過音よりも厳しい今の規制をさらに厳しくしようという動きがあります。だってバイクの騒音規制の上限は車よりも低い値なんですよ!同じ音量でも車はOKでバイクはダメなんてバカバカしいにもほどがあります。明らかにバイクの締めだしのための規制です。「だって実際バイクの方がものすごい五月蝿いじゃん!」と思う方もいるかもしれませんが、それは殆どが「違法改造」のバイクと思っていいです。問題とされているのは騒音規制の上限まで音を出せばバイクよりも車の方が爆音になるという矛盾があるという部分です。本当に道路を静かにしたいのならどうして車の方は厳しくしないのでしょうか?…とにかく世の中の活性化のためにもバイクの規制はもう少し緩めるべきだと思います。

 またマニアックな話題になってしまいました…委員会の中で「バイクキャンプやれば?」と話題になりました。もちろん冗談です(笑)。でも本心は「ちょっとそれいいかも…」と思ってしまいました。何せ土日にツーリングに行く人がほとんどですから、牧師という職業柄(それ以前にクリスチャンとして)ツーリング仲間を作ることはかなり厳しいものがあります。バイブルキャンプでやるのはどうかと思いますが、そういうクリスチャンの集まりがあってもいいのかな~とも思っています。そこにノンクリスチャンのライダーが集って伝道ができればなおのこと良しですね。問題はそもそもクリスチャンのバイク乗りがそんなにいないのではということです(笑)。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。