スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共に礼拝をささげる恵み

 春です。新潟もようやく暖かくなってきました。冬が長い雪国にとって春はとても嬉しいものです。特に私のようなバイク好きからすると、ようやくバイクが乗れる季節がやってきたといった心境です。

 雪が殆ど降らない地域は、人によってバイクに乗り出す時期が違います。真冬でもガンガン乗っている人もいれば、暖かくなるまで待つ人もいます。しかし、雪国はどんなに寒さに強い人でもバイクは雪には勝てませんから、暑がりも寒がりも一緒になって春を待ちます。その為、このぐらいの季節になると雪が降らない地域以上に急にバイクが増えます。昨日も、いきつけのバイク屋さんに行ってきましたが、考えることはみんな一緒で、多くの人たちがバイクで来ていました(私はたまたま車でしたが)。

 私は「スーパースポーツ」と呼ばれるカテゴリーのバイクに乗ってますが、好きな人は好きなのですが、運転する時の前傾姿勢が強くシート高が高いので、本当に好きでないと乗れないので割合的には少数派です。その為、たとえバイクシーズンのピークでもそんなに見かけるものではありません。しかし、昨日のバイク専用の駐輪場を見るとス―パースポーツ系がズラリです。「へぇ、新潟でも結構乗っている人いるんだ」と、ちょっと嬉しくなりました。しかし、あくまでも全体からすると少数派ですから、暖かくなり始めのバイク屋さんだからこそ見られた光景だと思います。

 日本のクリスチャン人口は1%に満たないです。その中でもいつも主日礼拝をささげている人は、さらにその4分の1ぐらいではないかとも言われています。つまり0.25%です!割合からいくと400人に一人という割合です。その為、教会関係以外で知り合いになってその人もたまたまクリスチャンだったというケースは本当に珍しいことであると言えます。

 しかし、教会に集うことによって多くのクリスチャンと共に礼拝をささげることができます。いきなり街中に行ってクリスチャンを何人も探して交わりを持とうと思っても不可能に近いでしょう。しかし、教会に集えばそれができます。この日本にあって一般社会の中ではクリスチャン人口の少なさ故に、いつも信仰的な戦いがあると思います。しかし、主日に共に教会に集い、信仰の戦いの戦友と共に礼拝をささげるということは大きな励ましになると私は思います。

「こういうわけで、あなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、今は聖徒たちと同じ国民であり、神の家族なのです。」エペソ人への手紙2章19節

 確かに礼拝は一人でもささげられますし、信仰は神と人との一対一の関係です。しかし、私たちは一人だけで信仰を守り抜いていくことが出来るほど強くはありません。神の家族と共に礼拝をささげる恵みを大切にしたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。