スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの「常識」

 いよいよ夏に近づき、暑くなってきましたので涼しい話題をしましょう。ずばり「雪」です!私が神学生時代に1年間だけ通っていた教会は豪雪地帯でした。雪国育ちの私として雪道の運転自体はわりと慣れていたのですが、この土地の積雪量は「聞いてないよ~!」という感じの凄さでした。


 こんな感じです。
 当時、私が乗っていた車が写っていますが、車と雪の高さを比べていただければ、その積雪量がわかるかと思います。

 ちなみに、この雪の壁は除雪をして積み上げたものではなく、マジでこの高さまで一面積もってるんです。しかもこれはまだ少し溶けたほうで、本当はもう1メートルぐらい積みあがってました・・・


 そんなわけで、この年の冬の教会の往復は毎週緊張しまくりの運転でした。教会付近の道路はわりと除雪してあるのですが、途中の道が日曜の朝ということもあり、除雪してないときもしばしば・・・軽自動車って乗用車のわだちにハンドルが取られて、結構きついんですよね(泣)。でも、私は雪国育ちなのでまだマシなほうです。このようなところに雪道の運転経験がないドライバーが来たらさぞかし恐怖でしょう。雪のない地域の人とそうでない人とは結構感覚が違うんですよね。

 以下は東京のとある場所での、東京暮らしが長い方と私との会話のやりとりです。その日は東京としては珍しく、道路がカチンコチンに凍っていた日でした。当然、ノーマルタイヤのままです。

 東京の方「これだけ凍っていると、足元滑るよね」
     私「そうですね」
 東京の方「○○さん、今日来れるかな?」
     私「難しいかもしれないですね」
 東京の方「ねえ、○○さんを「車」で向かいに行ってくれない?」
     私「えっ!(少し耳を疑った)」
 東京の方「どう?」
     私「(心の叫び)車の方がよけい危ないじゃん!!」
     私「あの~、ノーマルタイヤのままなので、危険なのでやめた方がいいと思います。」
 東京の方「そう、わかった」
     私「・・・・・・」

 雪道を雨のような感覚で思っている人って結構多いんですよ!まぁ、東京のような雪がほとんど積もらない地域の人たちに雪国の常識を押し付けるというのも酷なことでしょう。雪国の人が上記のような発言をしたら問題ですが・・・逆に東京でずっとスタッドレスタイヤだったら危険です。スタッドレスって溝がたくさんある分、道路との接地面積が少なくなるので、実は、乾いた道路ではノーマルタイヤよりよくスリップします。雪のない地域ではその土地としての常識があるわけです。「豪雪地帯」と「雪のない地域」・・・「ただの雪国」で育った私としては両方の常識を教えられたわけです。

 教会には秩序が必要です。教会ならではの常識も存在します。でも、教会にほとんど来たことのない人に、いきなりそれを押し付けることは出来ません。私たちは、そのことを踏まえて受け入れるべきです。受け入れた上で、教えてあげればよいわけです。先ほどの会話、「ノーマルタイヤでアイスバーンなんか走れるわけないでしょ!何考えてるの!」と言ってもいけないし、「分かりました車を出します!」なんて言ったら事故ります。「受け入れた」上で「教えてあげる」・・・この2つのバランスが大切ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。