スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「感覚」だけではなく「理論」も

 新潟は、ここ二日ぐらい雪が続いています。まともに積もらなかった新潟市も今日は積もりそうな勢いです。我が家の車は四駆なので、雪の日はありがたいです。まぁ、ブレーキ性能は当然ながら二駆と変わらないですが…

 東京はめずらしい積雪で大変だったようです。当然、多くの人がノーマルタイヤですから事故多発です。テレビで東京のあるレポーターが「みなさんスタッドレスタイヤはもちろん履いていると思いますが、雪道の運転には注意が必要です」などと言ってました。そんなバカな!!殆どの人がノーマルタイヤでしょ。私も東京に住んでいたことがありますが、スタッドレスなんて履き替えてなかったです。一度、雪が積もりましたが、そういう時は素直に車は諦めて公共交通機関を利用した方が早いです。

 車の運転は、殆どの人が感覚や習慣で行っていると思いますが、安全に運転する為には、運転や車そのものに対しての知識があると有効です。日本の自動車学校のカリキュラムでは、この部分の扱いが少ししかありません。本当はもっと理論的に構造的に車や運転というものを知った方がいいのです。

 特に雪道の運転は雪道や車の特性に対しての正確な知識が必要です。まず「4WD最強」という都市伝説は捨てましょう。4WDが強いのは発進の時や動いている時だけです。四駆だと止まりやすいと勘違いしている人が結構いますが、ブレーキに関しては二駆と全く一緒です。細かく言えば四駆のシステムで重くなった車両重量の分、制動距離がわずかながら伸びる可能性もあります。我が家の車も同じ車種の二駆と比べたら実に80kgもの差があります。

 ABSも制動距離が短くなるシステムではありません。タイヤロックを防いで、パニックブレーキ時でもハンドル操作が出来るようにするシステムです。結果として制動距離が短くなることが多いと思いますが、雪道なんかはタイヤロックさせたよりも制動距離は延びるでしょう。

 FF(前輪駆動)は、登り坂の凍結や圧雪路面はなるべく止まらないようにしましょう。止まると再発進が困難になります。FR(後輪駆動)は、登り坂の凍結や圧雪路面では絶対に止まってはいけません。LSDでも装備していない限り絶対に発進できなくなります。私は雪国でFRに乗ってましたが(そもそもそれがよくない)、凍結路面の登り坂で前方に渋滞や赤信号を見つけたら、後ろに渋滞を作ってでもノロノロ運転にして止まらなくてもいいようにしてました。

 このような特性を知っておけば、豪雪地帯でもない限り意外にFFでも大丈夫です。FRはおすすめしません。4WDは下手に過信すると雪道でもスピードが簡単に出てしまうので逆に危険です。ですから、特性を良く理解したうえで乗るべきです。坂道発進の心配は要りませんが、走行する上では二駆と同じように運転すると安全です。

 このように車の運転とは、感覚や習慣的な部分は多々ありますが、ある部分は理論が必要です。教習所でマニュアル車の操作がなかなかうまくいかない人はクラッチの構造や役割等を知ると意外にうまくいったりします。車の運転が得意な人や好きな人に理屈っぽい男性が多いのはその為でしょう。

 聖書が示す救いとは感情的な部分が主なようで、じつは理論的な部分が主です。「救われている気がするから」救われているのではなく「聖書にそう書いてあるから」救われているのです。喜び等の感情は「神・罪・救い」という聖書の理論を捉えてこそ、後から与えられるものです。

 信仰的領域は目に見えないものですから、どうしても感情的・感覚的にとらえやすいです。それ故に何か奇跡的な現象や出来事を求めてしまいがちです。しかし、それでは、その時は「素晴らしい!」と思うことができるかもしれませんが、自分の気持ち次第で救いが揺らいでしまいます。しかし理論的に救いを捉える時、たとえ劇的な感情の変化がなかったとしても、感情に訴えかけるような奇跡的な現象や出来事がなかったとしても、そこには確信が与えられるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。