スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩づつ

 クリスマスが過ぎ去っていきました。今年はクリスマス礼拝が、今年最後の礼拝となるので、どの教会も慌ただしい感じだったかもしれません。

 当教会もクリスマス祝会後にクリスマスの飾りを片づけました。例年だと、クリスマス祝会の次の日曜日に片づけるのですが、今年は次の週まで待ったら新年になってしまうので、さて、どうしよう…と悩みました。

 最初は、時間も遅いので全ての片づけは行わず町内に掲示してあるポスターだけ取ってしまおうという話になり、ポスターだけ外すと、礼拝堂にクリスマス用の幕が張ってあったのですが、それは外してしまおうということになりました。そうすると今度はモール等の飾り付けも、そんなに片付けが面倒じゃないだろうからと外し始めていると、いつのまにか総出でクリスマスの片づけが始まって、結局、当日に片づけが終わってしまいました。イルミネーションだけはまだありますが、どうせ電力がソーラーなのでもうちょっといいかなと思ってます。最近は街中のイルミネーションも1月いっぱいぐらいまでありますからね。

 あと一歩…いけたらさらにもう一歩…そしたらいつの間にか終わっていたということはないでしょうか。私たちの信仰生活はこのようなものです。信仰は誰しも一足飛びに魔法のように成長する術はありません。故に、道のりは見ずに遥か遠いゴールだけ見て落胆してしまったりします。しかし、遥か遠いと思っていたゴールを自分の足で一歩…もう一歩…と踏みしめていると、いつしか後ろを振り返るとスタートが遥か遠くになっていることでしょう。

 私たちクリスチャンの完全なゴールは御国に着くその時です。それまでは誰しも地上の生涯においては決して辿り着くことのないゴールを目指さなければなりません。そんな中で完全を目指したり、人と比べては誰であれ落胆してしまいますし、逆に必要の無い優越感に浸ってしまうかもしれません。しかし、完全なゴールがこの地上に無いのにゴールを目指すことは決して無駄ではありません。何故ならば、一歩、二歩と前進するならば確実にスタートラインより先に進んでいるからです。それが信仰生活であり成長です。

「それはそれとして、私たちはすでに達しているところを基準として、進むべきです。」(ピリピ人への手紙3章16節)

 ただし、罪の道も「たった一歩だけなら…もう一歩だけなら…」と言っているうちに戻れなくなってしまうので、時代が違うからと言って、みことばのボーダーラインを下げるようなことは決してしてはなりません。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。