スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教会は大切  その2

 昨日、2回目のキャンプのミーティングがありました。前回同様、教会の大切さが話題になりました。私が担当するキャンプは、主に中高生対象なので、丁度、自らの意思で教会に来るか来ないかということで揺れ動く時期かもしれません。

 私が子どもの頃を思い出します。私は両親がクリスチャンであったので、日曜日は強引に教会に連れて行かれました。・・・というよりも、あまりに小さな頃からだったので「強引」という感覚はなく「嫌な時もあるけど、行かなくてはいけないんだ!」という感覚でした。丁度例えるなら学校のようなものです。子どもへの導きは、一人ひとり何が最善か異なると思いますが、私には、当たり前と思うことが最善であったと今は思えます。

 さてここからはあくまでも「私個人の意見」ですが、子どもの頃から、本人に教会へ行くかどうかを決めさせることは、正常な判断が難しいのではないかと私は思うのです。(もっとも、両親が教会へ行く場合は小さな子どもだけを置いていくわけにはいかないですけど・・・)例えばですけど「おもちゃ」と「教会」とどっちが大切?と子どもに質問したら、普段から教会に通っていない子は「おもちゃ」と答えることでしょう。

 一般的に、子どもが小さい頃は、食事、洋服、本、おもちゃ等、大人が何を与えるべきか、与えてはならないものかを判断していきます。これは信仰においても同じ事が言えます。中高生ぐらいになってくると、自らと神様との関係で判断していくようになると思いますが、まだそれが分からないうちは、大人が正しい方を提供するべきだと思うのです。「信仰の強制は良くない!」とよく言われますが、あくまでも大人ができることは、教会に子どもを連れて来て、信仰を「提示」することです。それは「強制」ではありません。「提示」しないと、強制するどころか、選ぶことすらできません。私たち大人は、子どもが良いものを選び取ることが出来るように、良いものを提示するべきではないでしょうか。それが「教会に行く」ということになってくると思います。

 中高生になってくると大人の意思だけでは子どもは動かないかもしれません。それはある意味、「時」が来ていないからかもしれません。しかし、「時」が来たときに選び取ることが出来るように、子どもを教会に導いて、種を蒔くことが大切なのではないでしょうか。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。