スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その真意は如何に?

 昨年の秋、総務省から軽自動車の増税に関する発表がなされました(まだ案の段階です)。もし、法改正されるとしても数年はかかると思いますが、可決されたら混乱すること間違いなしです。皆さんも御承知のように軽自動車と普通車は管轄も違えば税額も雲泥の差です。

 参考までに、年間自動車税は…

 1.0ℓ以下…29,500円
 1.5ℓ以下…34,500円
 2.0ℓ以下…39,500円

 …といった感じで区分され(上記の区分がすべてではありません)4.5ℓを超えると80,000円以上の税額となります。

 一方、軽自動車は一律7,200円(貨物は4,000円)です。これが軽自動車の最大のメリットであったわけです。

 総務省の主張は、1.0ℓクラスと軽自動車では排出ガスも燃費もあまり変わらないのに税額に大きな差があるのは良くないということでそれを是正したということらしいです。しかし、案ではなんといきなり4倍の28,000円程度を想定しているらしいです。これは混乱必至です。確かに軽自動車と1.0~1.3ℓクラスの車の排出ガスや燃費が変わらないというのは本当です(車種によっては軽自動車の方が燃費悪いぐらいです)。しかしいきなり「4倍」って…ちょっと考えてしまいます。

 これでは軽自動車のメリットはほぼなくなります。値段も最近のコンパクトカーは安いですし…○ズキや○イハツのように軽自動車をメインとしている企業は、超大打撃です。本当にそれで日本はいいの?…と思ってしまいます。ここからは、あくまで私個人の推測ですが、軽自動車の販売をメインとする企業が大打撃を受けるのを分かっていて(下手すれば倒産します)、このような案が検討されているというのは、税金の不公平の是正ではなく、もっと裏に何かあるのでは(税収を増やすためとか、軽を販売していない○○○を守るためとか…)と思ってしまいます(あくまでも私個人の推測です)。軽の増税を完全否定するつもりはありませんが、もう少し自動車業界全体を見て慎重に進めていって欲しいと私は思います。

 みことばも自分の思いを通すために別の大義名分を持ってきて語ることのないように私は語る者として気をつけねばと思っております。あるいは自分の語ったことが「○○先生が言っていたからあなたは間違っている!」と人々を批判する為に用いられることがないように、そのみことばの真意をはっきりと語っていくものでありたいと願います。

 それにしても二輪の税金はどうなるんだろう。私のバイクは年額4,000円なのですが、増税しなければいいんですが…
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。