スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「気持ちだけでは…」

 震災被害の大変な状況が続いています。支援物資の中で深刻な問題になっている一つが支援物資を運ぶために必要なガソリンや軽油です。西日本から大量輸送する計画が発表され、もう少しすれば、ある程度緩和されるとは思いますが、いずれにせよ不足していることには変わりありません。

 しかし、私が気になるのが、足りないからと言って一般の方がガソリンをむやみに集めて被災地に届けようとする動きが結構あることです。消防法では、乗用車が燃料を運ぶ上限や、保管する際の上限が決められています。しかし消防法を犯し、その上限を超えている光景もネットの写真などでよく見かけます。

 「そんな緊急事態に何が法律だ!」という声はもっともでしょう。しかし、消防法は危険があるからこそ定められたものです。特にガソリンの場合はマイナス40℃でも引火するという非常に危険な油です。私は自動車整備士の仕事をしていたことがありますが、100cc程のガソリンが燃えて、消化するのにタオルをかぶせるぐらいでは全然消えなかったことを思いだします。本当に大変で、たとえ緊急事態でも素人が大量に扱っていい代物ではありません!それが数十リットルとか燃えたらもう大惨事です。

 どうか、これをご覧の皆さん!被災地に支援物資を届けようと思っている方もいると思います。しかし消防法の規定以上のガソリンだけは運んだり集めたりするのは非常に危険ですから絶対に行わないで下さい!これだけは専門家と専用車に任せていただきたいのです。届けたい気持ちが逆に事故等で他の車を巻き込むことになったら、逆に迷惑をかけることになります。タンクローリーだって強い衝撃が加われば大惨事ですが、乗用車よりははるかにリスクが少ないのです。

 キリストにある者として、感情的な愛をもった支援が必要であると同時に、秩序を保ち、法に従い、証しとなるような行動も大切であると私は考えます。

 なお、これらの文章の文責は、教団や教会に帰属するものではなく、私個人のみにあります。私はご批判を覚悟の上で私自身が主にあって大切であると思う事を伝えました。
スポンサーサイト
プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。