スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暗闇に光!」「昼間にも光!?」

 昨夜、とある場所に蛍を見に行きました。蛍をまともに見たのは10年ぶりぐらいでしょうか。暗闇のあちらこちらに光っている光景はとても幻想的です。

hotaru
ほ~ら!とってもきれい!・・・って見えないじゃん!! ケータイのカメラじゃムリでした(泣)

 今は蛍ってどこにでもいるわけではないですけど、私が子どもの頃は学校の登下校中にたまに見かけたものでした。当然昼間なので、夜行性の蛍はあまり飛ばないし、光ってもあまり分からないと思うので、ただの「黒い虫」って感じですね。蛍の光って夜は誰にでも見える光だけど、昼間は全然見えないですよね。

 聖書でクリスチャンは「あなたがたは世界の光です」と語られています。昼間のような何もない平和な時は光ることがあまりないかもしれませんし、光っても周りから「わぁ、すごい!光ってる!」なんて言われることもあまりないでしょう。でも、いざこの世が暗闇のようになって、灯火を必要としたならば、たとえ昼間は見えない光であっても、それは誰にでも分かる「世の光」となるのです。

 ある牧師の講演の中で「普段別にやらなくても、いざとなったら私はできる!といって普段やらないと、いざというときにできっこありません!」と聞いたことがあります。まさにその通りだなぁと思いました。私たちクリスチャンは「世の光」です。でも昼間は光らなくても大丈夫!・・・と油断していると、いざ夜になったときに光を発することができなくなってしまします。私も気をつけなければと思わされるのです。「暗闇に光」であって「昼間にも光」でありたいですね。


「起きよ。光を放て。あなたの光が来て、主の栄光があなたの上に輝いているからだ。見よ。やみが地をおおい、暗やみが諸国の民をおおっている。しかし、あなたの上には主が輝き、その栄光があなたの上に現れる。国々はあなたの光のうちに歩み、王たちはあなたの輝きに照らされて歩む。」(イザヤ書60:1~3)

 
 ちなみに蛍って数秒に一度光るんです。ずっと光りっぱなしではありません。クリスチャンにも息抜きが必要ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

☆ヤマちゃん☆

Author:☆ヤマちゃん☆
車・バイク好き牧師

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
最新記事
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。